洗濯代行サービスを依頼する際のポイント

ここでは、洗濯代行サービスを依頼する際のポイントについてご紹介したいと思います。洗濯代行は自分の代わりに洗濯をしてくれるとても便利なサービスですが、依頼の際には下記のポイントに気をつける必要があります。

  • 水洗いできない素材は依頼しない
  • 色落ちする可能性があるものはその旨を伝える
  • 乾燥時の熱で変形やプリントはがれなどが生じるものは依頼しない
  • 高価な衣服などは依頼しない

水洗いできない素材は依頼しない

洗濯代行サービスに依頼する際は、ウールやシルク、革製品など水洗いが難しい素材を使用しているものは避けるようにしましょう。

色落ちする可能性があるものはその旨を伝える

洗濯により色落ち、色移りしてしまう可能性がある衣服を依頼する場合は、その旨も伝えることをおすすめします。洗濯代行サービス会社によってはそれらの衣服は別途分けて洗濯してくれるオプションサービスを提供しているところもあります。

乾燥時の熱で変形やプリントはがれなどが生じるものは依頼しない

洗濯後の乾燥時の熱で変形したり、プリントはがれが起こったりする可能性がある衣服なども依頼するのは避けましょう。万が一乾燥により衣服が破損してしまっても基本的に補償してもらうことはできませんので注意が必要です。

高価な衣服などは依頼しない

そのほか、特別な取り扱いが必要な衣服や高価な衣服などもなるべく依頼しないことをおすすめします。洗濯代行サービス会社はどこも丁寧に衣服を扱ってくれるものの、集荷や洗濯、配送の過程で衣服が損傷してしまう可能性はゼロではありません。

まとめ

いかがでしょうか。洗濯代行サービスはとても便利なサービスである一方で、衣服を他人に預ける以上、最低限の注意は求められます。下着や靴下、Tシャツ、シーツやタオルなど日常的に使用している衣類やリネン類であれば問題ありませんが、大切な衣類についてはなるべく自分自身で丁寧に取扱い、洗濯することをおすすめします。

洗濯代行サービスに関するその他のコンテンツを見る

The following two tabs change content below.
Life Hugger 編集部

Life Hugger 編集部

Life Hugger(ライフハガー)は暮らしを楽しむヒントを紹介するウェブマガジンです。消費や暮らしをサステナブルな方向へと変えていきたいと考えている人に向け、サステナブルなライフスタイル、丁寧な暮らし、子育て、農と緑、健康、家事、レジャーなどに関する情報を紹介しています。