「Parklet Bakery(パークレット ベーカリー)」日本橋に12月オープン!天然酵母のパンと環境に優しいコーヒーを提供

日本橋小舟町の堀留児童公園に隣接したSOIL NIHONBASHI(ソイル 日本橋)1階に、カフェベーカリー「Parklet Bakery(パークレット ベーカリー)」が2021年12月にオープンする。

Parklet Bakeryは「カリフォルニアキュイジーヌ」を確立した名店であるChez Panisse(シェパニーズ)や、サンフランシスコのTartine Bakery(タルティーンベーカリー)などで経験を積んだアメリカ人夫婦のJJ & Kate Jaksich監修による、サワードウブレッドを始めとした天然酵母のパンを提供するカフェベーカリー。

Parklet Bakeryのアイコンとパン

店名にある「Parklet(Park-let/パークレット)」は、小さな公園、憩いの場、坪庭を意味する。「公園の一部のような公共性が高い場所になって欲しい」という思いからこの名称に決定。堀留児童公園側に広く開口部をとり、店内はキッズフレンドリーかつペットフレンドリーな空間となっている。

提供するパンや食事は、JJとKateが愛する伝統的なカリフォルニアのベーカリー文化を表現。公園の一部として、地域で働く人々や子ども連れの家族までおいしく安全に召し上がって頂けるメニューを終日提供する。

天然素材を活かした焼きたてのパンだけではなく、丁寧に関係を築いた農家さんから仕入れた野菜を使用した食事もおすすめだ。天然酵母のカントリーローフ、季節の素材を使ったオープンサンドイッチ、自家製のジャムとスコーン、大麦サラダやレンズ豆のスープなど素材の味を優しく引き出すメニューが揃っている。また、夜の時間帯は、ナチュールワインを中心としたワインを提供し、ワインバーとしても楽しめる。

Parklet Bakery Instagram

さらに、土壌の再生と気候変動問題への寄与をミッションに掲げる「Overview Coffee(オーバービューコーヒー)」のコーヒーが提供される。地球温暖化の抑制に対して最も効果的と言われるリジェネラティブ・オーガニック農法、または同農法に切り替えを検討している農家によって生産された豆を専門に扱っていることが特徴。

Overview Coffee

Overview Coffeeは、プロスノーボーダーであり環境保護に情熱を燃やすAlex Yoderによって2020年春にポーランドで設立。今回、東京直営店として広島県尾道市瀬戸田の日本焙煎所で焙煎されたコーヒー豆を使用したコーヒーを楽しめる。
Overview Coffee Japan Instagram

店舗が入る「SOIL NIHONBASHI(ソイル日本橋)」は、1階にParklet Bakery、2階以上は公園ビューのコーポラティブオフィスからなる施設として2021年12月にオープンする。尾道市瀬戸田、福島、軽井沢、富山、北杜や白樺湖など、全国各地の魅力的なローカルと深い繋がりのある企業や団体が入居予定。ローカルと都市が交わる活動拠点として今後注目の施設だ。
SOIL NIHONBASHI(ソイル日本橋)

自然や地球環境に配慮した優しい気持ちになれるカフェベーカリーがオープンする。こだわりと思いやりの気持ちがこもったパンとコーヒーは、訪れた人々を温かな気持ちにしてくれるだろう。

【参照サイト】<SOIL NIHONBASHI公式サイト
【参照サイト】Overview Coffee Japan WEBサイト

The following two tabs change content below.
maru

maru

秋田県出身、北海道在住。旅行・生活系記事を中心にライター活動中。日常が少しでも楽しくなるささやかなご褒美を自分に用意して過ごす。最近の趣味は旬の食材にこだわった料理を作り気分を上げること。

家事代行サービスを探す