光学ガラスの廃材をアップサイクルした製品、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で販売中

光学ガラス製品

株式会社エイ・ケイ・コーポレーションは、光学部品の生産で発生する光学ガラスの廃材を使った製品をクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で販売しています。

光学ガラスは、カメラやプロジェクター、望遠鏡などのレンズに使用されているガラスで、一般的な窓ガラスや食器に使われているガラスとは違い、透明度やゆがみ、内部品質(泡や異物)などの基準が厳しく管理されています。

そのため不純物が少なく均質で非常に透明度が高くなっています。また、屈折率が高いため美しく輝きます。一方、基準が厳しいために、見た目が美しくても製品としては採用されなかったガラスや端材などは捨てられていました。

光学ガラスの廃材

そこで今回、製品としては使うことができなかったガラスを、キーホルダーや箸置き、万年カレンダーなどに生まれ変わらせ、クラウドファンディングのウェブサイトで販売しています。

美しい光学ガラスの廃材を有効活用することと、多くの人に光学ガラスの美しさを知ってもらうことを目指しているとのこと。一度見てみてはいかがでしょうか。

【ウェブページ】CAMPFIRE
【コーポレートサイト】株式会社エイ・ケイ・コーポレーション

The following two tabs change content below.
Life Hugger 編集部

Life Hugger 編集部

Life Hugger(ライフハガー)は暮らしを楽しむヒントを紹介するウェブマガジンです。消費や暮らしをサステナブルな方向へと変えていきたいと考えている人に向け、サステナブルなライフスタイル、丁寧な暮らし、子育て、農と緑、健康、家事、レジャーなどに関する情報を紹介しています。

家事代行サービスを探す