カジー「家事のしすぎSTOP!キャンペーン」実施、3月8日の国際女性デーを記念

人物

株式会社CaSy運営の家事代行サービス「カジー」が3月8日の国際女性デーを記念し「家事のしすぎSTOP!キャンペーン」を実施します。キャンペーンでは、家事を抱え込まずに気軽にアウトソーシングするきっかけ作りとして、3月29日までカジーを1,000円割引で利用できます。

SDGsという言葉をご存じでしょうか。SDGsとは、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals) の略称で、2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された17の目標と169のターゲットからなる開発目標をいいます。2018年7月に発表されたSDGsランキングによると、日本は156か国中15位ですが、SDGsの17目標のうち、目標5の「ジェンダー平等を実現しよう」の評価が低く、日本は諸外国と比べて男女不平等であると指摘されています。

特に、男女間の家事分担の不平等は顕著となっており、夫婦ともにフルタイムの共働き夫婦のうち、夫より妻の家事負担率が高い世帯は78.3%だということです。家事は女性がするものという価値観が背景にあり、女性が家事を抱え込みがちになっていると考えられます。

カジーは、こうした現状をふまえ、女性の権利や平和を宣言できる日として国連が制定した3月8日の「国際女性デー」に合わせ、カジーの家事代行を気軽に体験できるキャンペーンを実施します。なお、カジーでは、夫婦間で家事の時間に差があるからといって「夫の家事時間を増やすべき」とは考えておらず、妻も夫も、負担に感じる家事をアウトソーシングできる環境を等しく持てることが必要で、そうすることで夫婦共働きの生活も「持続可能」になるとの見解を示しています。

同社は今回のキャンペーンを通じて、家事負担の軽減とともに、無償労働だった家事のスキルを活かして、家事代行キャストが十分な働きがいと十分な報酬を得られる環境作りに努めるほか、SDGsの目標5「ジェンダー平等を実現しよう」と「誰一人取り残さない -No one will be left behind」社会の実現に貢献するとしています。

キャンペーンは、ハウスクリーニングを除く、家事代行(掃除・料理)サービスすべてを対象とし、カジーに会員登録のうえクーポンコード「womensday」を登録することで、期間中のサービス料金が自動的に通常の金額から税込1,000円割引となります。また、初回スポット利用の方は男女問わず、誰でもキャンペーンに参加できます。日ごろ、家事負担を感じている方はぜひ今回のキャンペーンを活用してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】CaSy(カジー)の口コミ・評判

The following two tabs change content below.
カジフル 編集部

カジフル 編集部

カジフルは、家事代行サービスに関する情報ポータルサイトです。家事代行サービスの利用を検討されている方向けに、利用の手引きからおすすめの家事代行サービス会社の検索・比較サービス、気になる家事代行サービスの口コミや評判、最新のキャンペーン・ニュース情報などを提供しています。

家事代行サービスを探す