窓ガラスは3ステップでラクラク掃除!◯◯を使った簡単な裏技も

つい面倒で後回しにしがちな窓ガラスの掃除。でも、コツさえ掴めば意外と簡単なんです。窓ガラスがピカピカになると、光が多く差し込むようになって部屋も明るくなります。今回は、窓ガラスの基本的な掃除方法と、家にあるグッズを使った裏技をご紹介しましょう。

窓ガラスの簡単3ステップ掃除術

窓ガラス掃除は、次の3つの手順を踏まえればOK。晴れの日は汚れが乾燥して落ちにくいため、汚れが湿気を含んで落ちやすい雨や曇りの日など湿気の多い日がおすすめです。

1.全体のホコリを落とす

まずは、掃除用ブラシや乾いた雑巾などで、窓ガラス全体のホコリを落としましょう。いきなり水拭きすると、ホコリが水を吸ってしまい、掃除しにくくなってしまいます。

2.窓を拭く

次に、窓を拭きましょう。ひどい汚れでなければ、水拭きで十分です。落ちにくい汚れは、窓ガラス用の洗剤などを使って拭きます。その際、窓に直接洗剤をスプレーしてしまうと、洗剤が垂れてしまい跡が残ったりムラになったりしてしまうため、雑巾に洗剤をふくませてから拭くとよいでしょう。

3.乾拭きする

最後に乾拭きして完了です。普通の雑巾ではなく、マイクロファイバークロスを使うと、拭き筋や繊維が残りにくく、きれいに仕上げられます。

窓ガラスを家にある道具を使って簡単に掃除する裏技

わざわざ雑巾を使って掃除するほどではないけれど……というときにおすすめな裏技。家にあるアイテムを使って、手軽に窓ガラスをきれいに掃除してしまいましょう!

新聞紙

新聞紙を丸めてほんの少し水をつけ、くるくると円を描くように窓ガラスを拭きましょう。窓ガラスに結露などで水分が残っているなら、水をつける必要はありません。新聞紙のインクが汚れの成分を分解し、ツヤを出してくれます。

ストッキング

使わなくなったストッキングの膝から下部分を切り取り、手袋のように手にはめて拭きましょう。静電気が発生して、ホコリをストッキングに寄せ付けることで窓ガラスがきれいになります。また、ストッキングの中に使わなくなった靴下を丸めて入れると、手になじみやすい大きさになり、掃除しやすくなります。

メラミンスポンジ

メラミンスポンジに軽く水を含ませて、気になる汚れ部分を軽くこするだけ。アルコール除菌スプレーをあわせて使うと、水分は蒸発して残らないため、跡が残らずおすすめです。ただし、窓ガラスにコーティングされていたりフィルムが貼られたりしている場合には、傷をつけてしまうこともあるので注意が必要です。

窓ガラス掃除は短時間勝負!

窓ガラスは、濡らしたり洗剤をつけたりしたまま放っておくと、いつの間にか乾燥してしまい汚れが固まってしまいます。一度水に濡れてまた乾燥してしまった汚れは落としにくくなっているため、窓ガラスの掃除はなるべく短い時間で終わらせることも重要です。窓ガラスまで手が回らない!と感じているなら、定期的に家事代行サービスを利用するのもおすすめ。ピカピカになった窓ガラスなら、暮らしをより明るくしてくれますね。

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す