洗濯機は定期的にトコトンお掃除!洗濯槽クリーナーの上手な使い分け術

洗濯物の黒い汚れや、洗濯機からの嫌なニオイ。それは、洗濯槽のお掃除サインです。そのまま放っておくと、裏側がカビでびっしり……なんてことにも。洗濯機は、常に湿気があることから雑菌やカビの温床になりやすい場所です。定期的な掃除で、清潔な洗濯機を保ちましょう。ここでは、カビや雑菌の増殖を防ぐお手入れ方法をご紹介します。

洗濯槽の掃除は塩素系?酸素系?それとも重曹?

最近では一般的になってきた洗濯槽洗浄ですが、使用する洗剤がさまざまあり、悩んだことがある方も多いのでは?洗濯槽洗浄に使う洗剤は、多くの場合、塩素系漂白剤、酸素系漂白剤、重曹の3種類が使われます。それぞれの違いと使い方について解説しましょう。

1.塩素系漂白剤を使った掃除方法

市販の液体洗濯槽クリーナーの多くは塩素系漂白剤で、3種類の中でもっとも洗浄力が強いのが特徴です。カビや見えない菌も殺菌・分解してくれますが、匂いがツンとした刺激臭なことや、作用が強力な分、肌をいためてしまうこともあり、注意が必要です。使い方は、クリーナーを洗濯槽に入れ、「洗濯槽洗浄コース」で洗うだけ。「洗濯槽洗浄コース」がない場合には、「標準コース」で洗濯機をまわせば大丈夫です。

2.酸素系漂白剤や重曹を使った掃除方法

酸素系漂白剤は、発泡する力で、洗濯槽の汚れをはがします。重曹にも同じく汚れを落とす効果があり、洗濯槽の掃除にも使えます。いずれも塩素系漂白剤に比べると洗浄力や殺菌力は劣りますが、人体に害がなく、肌に触れても荒れにくいことから、小さな子どもがいる家庭や、肌が弱い方におすすめ。洗浄力は、重曹の方が控えめです。軽い汚れは重曹、しっかり汚れを落としたいときは酸素系漂白剤と使い分けるとよいですね。どちらも同じ使い方で掃除できます。

  1. 洗濯槽に40〜50℃のお湯を最大水量まで溜める(お風呂の残り湯でも可)
  2. 重曹なら200gほど、酸素系漂白剤なら500gほど直接洗濯槽に入れる
  3. 洗濯機の「洗いコース」で運転する(すすぎや脱水をしないよう注意)
  4. 浮いてきた汚れをすくい、再度「洗いコース」で運転する
  5. 2〜3時間放置する(汚れが気になるなら6時間ほど)
  6. 浮いてきた汚れをすくい、「洗いコース」で運転する
  7. すすぎ洗いを繰り返し、汚れがでてこないようであれば終了する
  8. 乾燥させるために、洗濯機のフタは開けておく

ドラム式洗濯機の場合には、重曹や酸素系漂白剤が使えないこともあるので、事前に取扱説明書を確認しておきましょう。また、浮いてきた汚れをそのままに排水してしまうと、パイプや排水管が詰まるトラブルにもなるので、必ずすくって捨てるようにしてくださいね。

月に1回は洗濯機を徹底お掃除!

カビや雑菌の温床になった洗濯機では、いくら洗濯しても服はきれいになりません。月に1回くらいの頻度で、洗濯槽の洗浄を行うようにしましょう。また、洗剤投入ケースやゴミ取りネット、フィルターなど外せるパーツも外して洗うことも忘れずに。定期的なお手入れで、清潔な洗濯機を保ちましょう!

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す