ひと手間かけて汚れ落ちアップ!上手な洗濯のやり方とは?

毎日当たり前にやっている洗濯。しかし、「ぜーんぶ洗濯機にお任せ!」では、頑固な汚れは落としきれないこともあります。また、ちょっとしたひと手間で、洗濯物はもっときれいに、長持ちするようになるんです。今回は汚れ落ちをアップさせるコツについて解説しましょう。

汚れ落ちをよくする洗濯のやり方のコツ

何も考えず、洗濯物を洗濯機に放り込んでいませんか?以下のようにひと手間かけるだけで、汚れ落ちはもっとよくなるんです。

汚れのひどいものは予洗いを

エリやソデの皮脂汚れ、子ども服の泥汚れなどは、洗濯機で洗うだけでは落ちにくい頑固な汚れです。洗濯機に入れる前に、少しだけ予洗いしておきましょう。

皮脂汚れの場合

皮脂汚れは、洗濯機に入れる前に台所用洗剤を塗りつけて洗っておくと、すっきりきれいになります。

泥汚れの場合

泥汚れは、まず干して乾燥させ、泥をはたいて落とします。次に40℃ほどのお湯に洗剤を3〜5倍程度に溶かし、しばらくつけ置きしたあとに、洗濯すればOK。頑固な泥汚れなら、つけ置きの後に固形石鹸と歯ブラシを使って、汚れをかき出すようにして洗いましょう。

洗濯物の量は、洗濯槽の7〜8割で

洗濯槽の中に洗濯物がぎっしり詰まっていると、洗濯槽の中での衣類の動きが悪く、汚れ落ちに影響してしまいます。多くても7〜8割を目安に洗濯物を入れましょう。

洗剤は用途に合わせて使い分け

洗剤は用途や衣類の性質に合わせて選ばないと、汚れがしっかり落ちないばかりか、生地を傷めてしまうことも。洗剤の種類を確認し、特徴を知った上で使いましょう。

粉末洗剤

弱アルカリ性の性質を持ち、皮脂汚れに効果的です。汚れ落ちがよいので、食べこぼし汚れなどの多い子どものいる家庭におすすめです。

液体洗剤

主流になりつつある液体洗剤は中性の性質を持ち、衣類を優しく洗います。弱アルカリ性の粉末洗剤に比べて洗浄力は劣りますが、界面活性剤の配合で汚れ落ちに効果が高いものもあります。

おしゃれ着洗剤

デリケートな素材を優しく洗う、中性の性質をもつ洗剤です。洗浄力はあまり強くないため、汚れが気になるときやシーズンオフにはクリーニングに出すとよいでしょう。

汚れ落ちをよくする洗濯のやり方をマスターしよう

お気に入りの衣類だからこそ、汚れもしっかり落としたいですよね。ちょっとしたコツを知っているのと知らないのとでは、汚れ落ちに大きな違いがあらわれます。少しのひと手間で賢く汚れを落としましょう。さっそく今日の洗濯から試してみませんか?

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す