衣類にシワを残さない洗濯のコツとは?うっかりできたシワを簡単に取る裏技も

せっかくのお気に入りの服も、しわだらけではがっかりですよね。とはいえ、毎回アイロンがけするのは結構面倒。しかし、洗濯する際にいくつかの点を心がけるだけで、シワを防ぎ、アイロンの手間を最小限に減らせます。今回は衣服のシワを防止する洗濯のポイントにと、アイロンを使わずに衣類のシワを伸ばす手軽な方法について解説しましょう。

衣服のシワを防ぐ洗濯のポイント5つ

まずはシワにならない洗濯の方法について。いずれも毎日の洗濯の際に気軽に取り入れられる簡単なコツです。さっそく今日の洗濯から取り入れてみませんか。

1.洗濯が終わったらすぐに干す

洗濯の終了音が聞こえたら、できるだけ早く取り出して干しましょう。衣服が絡み合ったままの状態では、シワがそのままになってしまいます。シワは衣類から水分が抜けていく過程で発生してしまうため、洗濯が終わったら放置せず早めに干すことが肝心です。

2.柔軟剤を使う

柔軟剤はふんわりとした肌触りに仕上げるだけでなく、洗濯によるシワを防ぐ効果もあります。シワ防止専用の柔軟剤もあり、ワイシャツなどシワになりやすい衣服を洗濯する際に使うのがおすすめです。

3.洗濯ネットを活用する

洗濯機の中で他の衣類と絡み合ってシワが発生するのを防ぐため、洗濯ネットを使うのもひとつの方法です。衣類の大きさに合わせたネットを使い、きちんと畳んで入れるのがポイント。洗濯ネットは衣類への負担も減らせるので、とくにお気に入りの服を洗う際には活用したいですね。

4.脱水時間を短く設定する

脱水にかかる時間を短くし、衣服への負担をできるだけ減らすこともシワ防止につながります。とくにシワを防ぎたい衣類なら、もっとも短い時間設定でOK。衣類に残った水分の重みで自然とシワが引き伸ばされます。

5.シワを伸ばしながら干す

衣類のシワを伸ばすことを意識しながら干すこともポイント。シワは衣類が濡れた状態のときに伸ばすのがもっとも効果的です。パンパンと叩く、しっかりと振りさばくといった点に気をつけて干しましょう。

アイロンを使わずに衣服のシワをとる裏ワザ

わざわざアイロンをかけるほどではないくらいのシワにはドライヤーを使った方法がおすすめです。シワ部分を軽く濡らし、伸ばしながらドライヤーの温風を当てるだけでOK。最後に冷風を当てて、シワが戻るのを防ぎます。市販のシワ取りスプレーを活用するのもよいでしょう。

衣類のシワは洗濯で防ごう

せっかくのお気に入りの服も、シワができると台無し。洗濯の際に少しだけ注意して、シワを防ぎたいですね。うっかりシワになってしまったときは、ドライヤーを使った裏技で上手にシワを伸ばしましょう。忙しい日々、時には洗濯にまで手が回らないことがあるかもしれません。そんなときには家事代行サービスを活用するのもおすすめですよ。服にシワがあると、なんとなく気分も上がりませんよね。手間なく衣類のシワを防いで、ご機嫌で毎日を過ごしたいですね。

The following two tabs change content below.
カジフル 編集部

カジフル 編集部

カジフルは、家事代行サービスに関する情報ポータルサイトです。家事代行サービスの利用を検討されている方向けに、利用の手引きからおすすめの家事代行サービス会社の検索・比較サービス、気になる家事代行サービスの口コミや評判、最新のキャンペーン・ニュース情報などを提供しています。

家事代行サービスを探す