飲み会続きが来る前に!洋服についた醤油やお酒のシミをキレイにとるコツ

年の瀬が近づき、飲み会が増えてくる時期。飲み会で頻繁にあるのが、食事の食べこぼしやお酒が洋服についてしまうこと。醤油やワインなどの汚れが頑固なシミになり、洋服がダメになってしまった経験がある人も多いでしょう。普通に洗濯するだけではなかなか落ちないこうしたシミを、キレイに取るにはどうしたらいいのでしょうか。すぐに使えるテクニックをご紹介します。

醤油やお酒のシミは水溶性

油汚れとは異なり、醤油やお酒など食事で洋服についてしまうシミは水溶性のシミです。ワイン、ビール、コーヒーなども同様。水に溶ける成分なので特別な道具は必要なく、家庭にあるもので十分に落とすことができます。

おしぼりでトントンはNG!

お店で食べ物が洋服についてしまった時、おしぼりで汚れた箇所をトントンと叩く人は多いでしょう。実はこれは良くありません。もちろんゴシゴシとこするのもNGなんです。お店にあるおしぼりは、塩素系漂白剤で処理されている場合があります。おしぼりで拭くと、漂白成分で衣類が色落ちしたり、シミが広がったり落ちにくくなったりする可能性があるのです。

応急処置で頑固なシミも落ちやすく

食べこぼしのシミをキレイにするには、応急処置と洗濯前のひと手間が大切です。手順を追ってご説明します。

1. 汚れをしっかりつまみ取る

まずは、シミがついてしまったらすぐにやっておきたい応急処置。これらを行っておけば、洗濯でよりシミが落ちやすくなります。

  • 1.固形物をティッシュで取り除く
  • 2.濡れたティッシュやハンカチでつまんで汚れを移し取る
  • 3.乾いたティッシュで水分をふき取る

2. 洗濯前に酸素系漂白剤の原液を染み込ませる

お家に帰ったらなるべく早く洗濯をします。まずは洗濯する前に、洋服に液体タイプの酸素系漂白剤の原液を直接塗り、シミがついた繊維1本1本に染み込ませておきます。液体の酸素系漂白剤は傷を消毒するオキシドールと同じ成分なので、安全性が高く、直接塗って放置することができます。ただし、使用できるかどうかはあらかじめ、洗濯表示を確認しましょう。

3. いつも通り洗濯をする

前処理が済んだら、あとはいつも通り洗濯をすればOK。

4. 自然乾燥をする

「早く乾かしたいから」と、アイロンやドライヤーを使ったり乾燥機にかけたりすると、シミの成分が残っていた場合に変質してしまう可能性があります。シミを確実にキレイにするために、シミ抜きした洋服は自然乾燥をさせましょう。

飲み会に大事な洋服を着て行っても大丈夫!

シミは早めの応急処置と、少しの洗濯のコツがあればしっかり落とすことができます。汚れないようにと、お気に入りの洋服を飲み会に着て行くことを躊躇しなくてももう大丈夫! 皆さんも食べこぼしのシミをつけてしまったら、今回ご紹介したシミ抜きテクニックを使って大事な洋服を長持ちさせましょう。

The following two tabs change content below.
カジフル 編集部

カジフル 編集部

カジフルは、家事代行サービスに関する情報ポータルサイトです。家事代行サービスの利用を検討されている方向けに、利用の手引きからおすすめの家事代行サービス会社の検索・比較サービス、気になる家事代行サービスの口コミや評判、最新のキャンペーン・ニュース情報などを提供しています。

家事代行サービスを探す