マイクロツーリズムの魅力とは?「ご近所旅」を120%楽しむプランをご提案!

旅行

「マイクロツーリズム」とは自宅から1〜2時間ほどの圏内を楽しむ旅のこと。コロナ禍で長距離の移動が難しくなったことから、『星野リゾート』が提唱している旅のスタイルです。コロナ禍でも旅を楽しむ方法としてマイクロツーリズムは徐々に定着しつつあるのを知っていますか?

とはいえ、「見慣れた地元の旅がそんなに楽しいとは思えない……」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし身近な地域を旅するからこそ生まれるメリットや魅力もあるんです。そこで今回はマイクロツーリズムの魅力を解説するとともに、「ご近所旅」をより楽しむためのおすすめプランをご提案します。

【ご近所を楽しむ旅】マイクロツーリズムの魅力とは?

サイクリング

遠くに足を延ばす旅行も楽しいものですが、地元近場の旅行ならではの良さも味わってみませんか?マイクロツーリズムで得られる魅力やメリットをご紹介します。

1. 交通費が安く抑えられる

近場を旅行することで、遠出するよりも交通費がぐっと抑えられます。自転車や徒歩なら交通費はゼロに!その分を食事代やホテル代に上乗せすれば、いつもよりもリッチな旅が楽しめそうですよね。

2. 移動時間を短縮できる

自宅から1〜2時間圏内であれば、移動時間もあまりかかりません。子連れで出かける際、移動中に子どもがぐずってしまう心配も少なくてすみます。帰宅後に疲れがドッと出る、なんてことも少なそうです。

3. 思い立ってすぐ行動に移せる

身近な地域への旅なら、大掛かりな準備は必要ありません。思い立ってすぐ旅に出られ、空室があればホテルや旅館に泊まることも可能です。あれこれ準備もいらないため、帰宅後の片付けも楽チンですね。

4. 地域クーポンがあることも

コロナ禍で打撃を受けている観光業界や飲食業界を活性化しようと、地域のホテルなどで使えるクーポン券を発行している自治体もあります。宿泊代や飲食店での食事代が大幅割引になることも多く、利用しない手はありませんよね。

5. 地元の活性化に貢献できる

コロナ禍で大きく売り上げが落ち込んでいる地元の宿泊施設や飲食店に貢献できます。ひいては地域全体の経済活性化にもつながり、私たちの生活にも好影響を与えます。

マイクロツーリズムを120%楽しもう!おすすめプランの提案

食べ歩き

勝手を知っている地元や行き慣れた近場だと、つい何も決めずにブラブラしてしまうことも多いでしょう。しかし、せっかくマイクロツーリズムで旅するのなら、テーマを決めてプランを立てるのがおすすめです。見慣れた景色もちょっと違って見えるはず! ここではおすすめのプランをご紹介します。

【リッチなホテルにおこもり】プラン

とことんマイクロツーリズムを楽しむのなら日帰りではなく、宿泊してみませんか。地元の宿泊施設に泊まる機会は意外とありませんよね。交通費が抑えられる分、どうせならちょっとリッチなホテルや旅館を選び、ステイ時間を楽しむのがおすすめです。温泉や食事、お酒もゆっくり堪能できます。

【ホテルのアフタヌーンティーで優雅なひととき】プラン

日帰りでホテルを楽しむなら、アフタヌーンティーを体験してみませんか。宿泊が難しい高級ホテルでも、アフタヌーンティーなら気軽に楽しめますよね。季節ごとのスイーツや軽食をラグジュアリーな空間で楽しめて、非日常感も味わえます。

【ご当地グルメをくいだおれ】プラン

これまで行ったことのない、ご当地グルメを楽しめるお店に行ってみませんか。同じメニューをいくつかの店で食べ比べてみたり、「映える」メニューを楽しんでみたりするのもおすすめです。SNSで発信して、地域のおいしいものをアピールしてみてもよいかもしれませんね。

【観光地で地域の魅力再発見】プラン

身近な観光地に行ってみませんか。ガイドブックに大きく掲載されているような観光地には、近くに住んでいるとなかなか行くことが少ないものですが、改めて行ってみるとその魅力や、知らなかった歴史や文化に気づかされるかもしれません。自分が住んでいる町について深く知るチャンスにもなります。

マイクロツーリズムの注意点

地元や近場を楽しむマイクロツーリズムであっても、引き続き新型コロナウイルスへの感染拡大には気をつける必要があります。三密を避ける、マスクの着用などはもちろん、混雑の回避にも気を配りたいですね。旅行連絡会が国土交通省と観光庁との協力のもと作成した「新しい旅のエチケット」を参考にし、安心、安全なマイクロツーリズムを心がけて楽しむことが大切です。

【参考】「旅行連絡会「新しい旅のエチケット」と「新しい旅のルール」 | 旅行者向け Go To トラベル事業公式サイト

マイクロツーリズムで身近な地域をもっと楽しもう!

旅行

コロナ禍によって長距離移動が難しくなったことから、旅行をするには必然的に近場を旅するしかない、というネガティブな見方もできるかもしれません。遠い場所への旅行を我慢している人も多いでしょう。しかし実は私たちが見落としているだけで、身近な地域にも魅力的なモノや場所、風景があふれているもの。マイクロツーリズムはそういったことに気づくきっかけにもなります。マイクロツーリズムで身近な地域を遊び尽くしたいですね!

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す