洗濯物はもうたたまない!?洗う・干す・たたむの洗濯時短術

洗濯は家事の中でも工程が多く、手間も時間もかかる作業です。どうにかして時短にしたい、手間を減らしたいと思っている方は多いでしょう。また、洗濯は苦手だから少しでも早く終わらせたいという方も多いはず。

洗濯を時短にするポイントは、「洗う」、「干す」、「たたむ」それぞれの負担を分散させる点にありました! 今回は洗濯をテーマに、今日からできる時短術をご紹介します。

洗濯時短術【洗う】編

まずは「洗う」ときの時短術について。衣類の汚れをしっかり落としつつ、時短できるポイントをチェックしましょう。

スピードコースで洗う

洗濯機にはさまざまなコースがあり、「スピードコース」選んで洗うのがおすすめです。汚れ落ちが心配と思われるかもしれませんが、普段の汚れであればスピードコースで十分に落とせます。また、すすぎ1回タイプの洗剤を使えばさらに時短に! 食べこぼしなど気になる汚れは前洗いしたり、液体洗剤を直接塗布したりした上で洗うとすっきり落とせますよ。

ジェルボールやプッシュボトルタイプの洗剤を使う

最近人気のジェルボールやプッシュボトルタイプの洗剤を使えば、わざわざ計量する必要がありません。指先が汚れたり、洗剤をこぼしたりするイライラもなくなり、これまで密かに面倒だった洗剤計量の手間から解放されます。

洗濯時短術【干す】編

つづいて「干す」ときの時短術。手早く終わらせたいからと雑に干し、シワだらけになっては本末転倒ですよね。仕上がりはそのままに、時短できる干し方を解説します。

干す場所までの動線を見直す

洗濯機からベランダなどの干す場所までの動線はスムーズかどうか見直してみましょう。毎回モノをどける必要がないか、大回りで移動していないかなどをチェック。通り道をふさぐ要素がある場合には、できるだけ直線で移動できるよう工夫しましょう。

小物類はまとめて洗濯ネットに入れておく

靴下やハンカチ、下着などの小物類は、ひとつひとつ探しながら干していると時間もかかるし、面倒ですよね。そこで種類別に洗濯ネットに入れ、そのまま丸ごと洗濯しましょう。干す際にはネットからまとめて取り出せて、ラクに干せます。

外干しをやめる

思い切って外干しをやめ、部屋干しに変更する方法もおすすめです。脱衣所や浴室なら、洗濯機から取り出してほぼ移動することなく干せ、大きな時短になります。除湿機やサーキュレーター、扇風機などを使って効率よく乾燥すれば、部屋干しのニオイも気になりません。また、部屋干し専用の洗剤を使うとより効果的ですね。

洗濯時短術【たたむ】編

最後に「たたむ」ときの時短術についてみていきます。とくに面倒なたたむ作業ですが、思い切って「たたまない」という方法も! 極限まで手間を減らし、たたむ作業を時短しましょう。

「干す用」と「しまう用」のハンガーを統一する

ハンガーに掛けて収納しているトップス類は、「干す用」と「しまう用」のハンガーを統一するのがおすすめ。わざわざ掛け替えて収納する手間をなくせます。同じタイプのハンガーで揃えることで、見た目にもすっきりしますよ。

下着や靴下はたたまずポイっとしまう

下着や靴下など使う頻度が高く、こまごました小物類は、いっそたたまないという方法もあります。カゴなどにポイっと入れるだけの収納で、たたむ手間はゼロに。他にもシワになってもあまり困らないものであれば、たたまずに収納できないか模索してみましょう。

クローゼットで洗濯物をたたむ

洗濯物はクローゼットでたたむと、短い動線で片付けられ、あっという間に終わります。洗濯物を取り込んだ場所でたたむと、クローゼットまで運ぶのに手間取ってしまいますよね。一気に運べないため、何度も往復する必要も。たたむ場所と収納する場所を同じにすることで、最短の動線で片付きます。

洗濯の時短を叶えて日々にゆとりを

いくつもある洗濯の工程はそれぞれの作業を見直し、負担を減らすことで時短が叶いますが、もっとも大切なのは正しく洗濯すること。面倒だからとはいえ、いい加減なやり方で洗濯すると衣類の汚れがきちんと落とせず、また洗う必要があるなど余計な手間や時間がかかってしまいます。

日々忙しく、洗濯などの家事にあてる時間や体力がないと感じているなら、家事代行サービスを活用するのもおすすめです。少しでも家事にかかる労力を減らし、毎日にゆとりを持ちたいですね。

【関連ページ】家事代行サービスとは?
【関連ページ】どこまで依頼できる?家事代行のサービス内容

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す