洗濯洗剤の正しい選び方とは?目的に合わせて上手に選ぼう

人物

ドラッグストアにずらりと並ぶ、さまざまな洗濯洗剤。毎回なんとなく選んでいる、という方も多いのではないでしょうか? 洗剤は、それぞれの特徴に合わせた使い方をしなければ、本来の力を発揮することができません。今回は、洗剤の特徴と上手な選び方について解説します。

それぞれの洗剤の特徴を知ろう

まずは、洗剤の持つそれぞれの特徴を知ることから始めましょう。どれもあまり変わらないと思っていませんか?じつは、意外とそれぞれ違う特性を持っているんです。

粉末洗剤

粉末洗剤は、洗浄力が強く、皮脂汚れなど酸性の汚れに力を発揮する弱アルカリ性の洗剤です。デメリットとしては、粉状なので、溶け残ってしまいやすいことが挙げられます。しかし、お風呂の残り湯を使うとよく溶けて、さらに汚れ落ちもよくなるのでおすすめです。

液体洗剤

近年、家庭用洗剤のメインとなってきた液体洗剤ですが、粉末洗剤に比べて洗浄力は落ちます。しかし、すすぎが1回ですんだり、洗剤を汚れが気になる部分に直塗りできたりと使いやすさの面ではメリットも。他にも、溶け残りがないなど、粉末洗剤に比べて扱いやすいため人気です。また、界面活性剤の配合を増やし、洗浄力をアップさせたものもあります。最近では、さらに便利なジェルボールタイプも増えてきました。

おしゃれ着洗剤

デリケート素材の服の洗濯が目的のため、衣類を優しく洗う中性の性質を持ちます。繊維の奥まで入り込んで汚れを分解する役割のある界面活性剤の割合も低くなっています。汚れを落とす力は強くないため、シーズンオフにはクリーニングへ出すことをおすすめします。

洗濯石けん

自然由来の成分のみでつくられた、洗濯用の石けんです。無添加で環境や肌に優しい反面、使い方にコツが必要で、うまく使えないと逆に衣類を傷めてしまうことにも。

汚れやライフスタイルに合わせて洗剤は選ぼう

各メーカーさまざまな種類がラインナップしていますが、洗剤を選ぶコツは、汚れのタイプや程度、ライフスタイルに合わせて選ぶことです。洗濯の目的別に、必要な洗剤を揃えましょう。

忙しい、時間がない

共働きなどで毎日忙しいなら、水に溶けやすく時短になる液体洗剤がおすすめです。ジェルボールなら、洗剤の量をはかる手間も省け、さらに便利で手軽ですね。

しっかり汚れを落としたい

子どもの食べこぼしや皮脂、汗汚れなど、毎日汚れた洗濯物を洗っているなら、洗浄力の高い粉末洗剤がおすすめです。酵素や蛍光増白剤入りの洗剤を選ぶと、より強力に汚れを落としてくれます。

部屋干しが多い

最近では、粉末、液体それぞれに、部屋干しにも適した洗剤が多く並ぶようになりました。部屋干し専用の洗剤はもちろんですが、それ以外でも、洗浄力が高いものや「除菌」「抗菌」と表示のある洗剤が部屋干しにはおすすめです。

赤ちゃんがいる、敏感肌

肌がデリケートな赤ちゃんや敏感肌の場合には、天然由来の成分で構成された洗濯石けんがおすすめです。ただし、洗濯石けんは溶け残りやすいなど、取り扱いが難しい場合も。一般的な液体洗剤でも、防腐剤や着色料、蛍光剤が無添加のものや、界面活性剤が自然由来のものなどもあります。肌の状態や取り扱いのしやすさ、汚れ落ちなど、トータルで考えて選ぶとよいですね。

洗剤は目的や用途に合わせて選ぼう

これまで、なんとなく選んでいた洗濯洗剤。衣類や汚れのタイプ、ライフスタイルに合わせて選べば、もっと洗濯は快適なものになるはず。毎日の洗濯に使う洗剤と、おしゃれ着洗剤の2本を常備しておけばバッチリです。お気に入りの洗剤を見つけると、洗濯する時間も楽しいものになるかもしれませんね!

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す