タオルの洗濯に柔軟剤はNG!?ふわふわ仕上げで長持ちさせる洗濯と干し方のコツ

タオルは洗濯すればするほどゴワゴワになるもの、と思っていませんか。しかし、タオルはちょっとした洗濯のコツで、おろしたてのようなふわふわ感をいつまでもキープし、長持ちさせることができるのです。

また、使っているうちににおいや黒ずみが気になってきたタオルは、ある洗剤を使うことで、清潔な状態に復活させることが可能ってご存じでしたか? 今回はタオルの洗濯をテーマに、洗い方や干し方のコツを詳しく解説します。

タオルをふんわり仕上げて長持ちさせる洗濯のコツ3つ

まずはタオルをふんわりと洗い上げる3つのコツをご紹介しましょう! どれも毎日の洗濯に取り入れられる簡単な方法なので、さっそく今日から実践してみてくださいね。

1.たっぷりの水で洗う

タオルはたっぷりの水の中で洗いましょう。できれば他の衣類とは別にし、タオルだけを泳がせるように洗うのが理想です。それが難しい場合でも洗濯槽の7〜8割を目安にし、洗濯物を詰め込みすぎず、ゆったりと回転するようにします。

水の中で大きく動くことで汚れ落ちをよくし、他の洗濯物との摩擦を減らしてゴワゴワとした肌触りになるのを防げます。

2.柔軟剤を使わない

タオルをふわふわに仕上げたいなら、柔軟剤を使うのはNG。「柔らかく仕上げるには柔軟剤が必要じゃないの?」と思われる方が多いかもしれません。しかし、柔軟剤を使うと薬剤が繊維をコーティングし、タオルの吸水力をダウンさせてしまいます。

吸水性を保ったまま長持ちさせたいなら、柔軟剤はできるだけ使わないのが正解。どうしても、という場合には量を減らして使いましょう。

3.こまめに洗濯する

タオルは汚れたらこまめに洗濯しましょう。タオルは洗った手や身体の落としきれなかった汚れが付着し、濡れたまま放置されてしまいがちです。その結果雑菌が繁殖しやすく、においや黒ずみが発生してしまいます。普段まとめ洗いが多い方も、タオルはできるだけ溜め込まずに洗うのがおすすめです。

タオルのにおいや黒ずみが気になったら酸素系漂白剤で除去

タオルを使っているうちににおいや黒ずみが気になりだしたら、酸素系漂白剤を使って洗うとすっきりします。40〜50℃くらいのお湯に粉末タイプの酸素系漂白剤を規定量溶かし、30分〜2時間ほどつけおきするだけでOK。

頑固なにおいや黒ずみは濃度を高くしたり、少し長めにつけおきすると、きれいに蘇りますよ。

タオルをもっとふわふわに!干し方にひと工夫プラス

タオルをふわふわに仕上げるには、干し方にもひと工夫加えることがポイントです。

干す前にしっかりと振りさばく

洗濯終了後取り出したタオルは端を持ち、しっかりと振りさばいてから干しましょう。寝ているパイルが起こされて、空気を含んでふわふわに仕上がります。少し強めの力でバサバサと10〜20回ほど振りさばけばOK。まるで新品のようなボリューム感と柔らかい肌触りの状態に戻ります。

風通しのよい場所で陰干しする

天気のいい日はつい天日干ししたくなりますが、タオルを干すのに最適なのは風通しのよい日陰。日差しの強い場所で天日干しすると、紫外線の影響でゴワゴワになってしまいます。また、乾いたらできるだけ早く取り込むことも大事です。柔らかい肌触りに仕上げるには、できるだけ日差しを避けるようにしましょう。

タオルはふんわり仕上げで毎日を気持ちよく

普段の洗濯の仕方や干し方を見直すことで、タオルはふんわりとした肌触りをキープできます。直接肌に触れるからこそ、タオルは柔らかい風合いに仕上げたいものです。

しかし、日々仕事や育児、介護などに忙しく、タオルのためだけに割ける時間や労力がないと感じている方も多いかもしれません。そのような場合には、家事代行サービスを活用するのもおすすめです。ふわふわのタオルで毎日気持ちよく過ごしたいですね。

【関連ページ】家事代行サービスとは?
【関連ページ】どこまで依頼できる?家事代行のサービス内容

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す