引っ越しでハウスクリーニングは必要?安心して依頼できるサービスの選び方を解説

新生活がはじまる春。この時期は引っ越しが多いシーズンでもあります。引っ越しで気になることの一つが、家の掃除についてです。退去の際にどこまで原状回復をしたらいいのかわからないと頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな引っ越し前の掃除に便利なハウスクリーニングについて紹介します。

1. ハウスクリーニングとは?

ハウスクリーニングとは、普段のお手入れでは落としにくい家の中や、家庭の設備の汚れを徹底的に掃除してくれるサービスです。家事代行では自宅にある道具や洗剤を使って掃除を行いますが、ハウスクリーニングでは業者専用のアイテムを使って対応します。エアコン内部のカビや埃を落としたり、レンジフードの頑固な油汚れを落としたりといった、自分では難しい箇所の汚れをすっきりきれいにできるのがハウスクリーニング業者に依頼する大きなメリットです。

2. 引っ越し時にハウスクリーングは必要?

賃貸物件から退去するときには、できる限り入居時の状態にして引き渡す必要があります。通常、退去後には、事前に支払った敷金を使い、家主がハウスクリーニングを依頼するケースがほとんどです。普段からきれいに使用していれば、経年使用による劣化や汚れの原状回復程度で済むため、敷金の金額内に収まることが多いです。退去前の掃除も、キッチンや水回り、ベランダなども含め、いつもより少し丁寧に掃除をすれば特に問題ありません。

ただ、普段の掃除がきちんとできていなかったり、部屋を見て特に汚れが気になるところがある場合は、退去前にハウスクリーニングサービスの利用を検討してみるのも一つの手です。自分に合ったリーズナブルなサービスを選べるので、結果的に退去後に請求される費用を抑えることができる場合があります。

また、転勤などの理由で急に引っ越さなければならないことはよくあります。荷造りや手続き、社内での引き継ぎなどで忙しく、あっという間に退去の日を迎えてしまうことも少なくないでしょう。しかしそうであっても、退去前の掃除はしっかりと行う必要があります。このような場合も、ハウスクリーニング業者に掃除を依頼するのがおすすめです。掃除の負担がなくなり、その他の業務に集中することができます。

そして、ハウスクリーニング業者に掃除を依頼しようと思うのであれば、そのことを事前に家主や管理会社に伝えておきましょう。退去後のハウスクリーニングの手間がなくなるということで、その分敷金が多く返ってくる可能性があります。

3. 引っ越しでハウスクリーニングが必要なケースとは?

退去の際にハウスクリーニングが必要になるのは主に自分で汚した箇所です。水周りやキッチンまわりの油汚れなど、自分で落とすには難しい頑固な汚れや、子どもが壁紙に書いた落書きなどのうっかり見過ごしている汚れなどを、退去前に確認しておきましょう。そして自分で落とせない汚れは、ハウスクリーニング業者に依頼してきれいにしておくのがおすすめです。

4. ハウスクリーニング業者の選び方

ハウスクリーニング業者は数多く存在し、どう選んだらよいかわからないこともあります。以下の3つのポイントをチェックし、満足のいくサービスを提供してくれる業者を選びましょう。

1. 料金体系が明瞭である

ウェブサイト上に目安となる料金が明示されているかチェックしましょう。あらかじめ料金体系が明瞭な業者であれば、のちに費用の件でトラブルになることを避けられます。

2. 損害賠償保険に加入している

損害賠償保険に加入しているかチェックしましょう。プロの業者であっても清掃中に部屋の物を破損しないとは限りません。万が一に備えて保険に加入している業者であれば安心して依頼できます。

3. 希望するサービスが得意である

ハウスクリーニング業者はたとえばエアコンの内部清掃など、それぞれに得意な分野があります。自分が求めるサービスを得意とする業者を選ぶのがおすすめです。

5. おすすめのハウスクリーニング業者は?

数ある中から自分に適したハウスクリーニング業者を見つけるのはなかなか難しいもの。とくに引っ越しの際は忙しく、余計な悩みはできるだけ減らしたいですよね。そこで安心して依頼できる、おすすめの業者を以下にご紹介します。

おそうじ本舗

おそうじ本舗

すべての都道府県に展開しているハウスクリーニング業界大手の「おそうじ本舗」。ふだんの掃除から専門的な知識を要する分解クリーニングまで幅広く、豊富なメニューが特徴です。「お引越し前・後 まるごとクリーニング」では、入退去にともなう清掃をまとめてお願いできます。

ベアーズ

ベアーズのハウスクリーニング

家事代行サービスの老舗で、これまでに累計250万件を超えるサービスを提供してきた「ベアーズ」。ハウスクリーニングはもちろん、高齢者支援やベビーシッターなど幅広くサービスを展開しています。マナーマインドやプライバシーの管理など徹底したスタッフ教育を行っているので、安心して依頼できます。

ハウスクリーニングのオン

ハウスクリーニングのオン

部屋の広さや大きさ、設備で価格が設定される定額制が魅力の「ハウスクリーニングのオン」。基本的に現地での見積もりが不要で電話やメールでの対応が可能なため、忙しい方にぴったりです。入退去時のハウスクリーニングは部屋全体を掃除する「空室全体」と、水回りのみの「空室水回り」、時間の範囲で臨機応変に対応してくれる「時間制」の3種類から選べます。

ダスキン

ダスキン

衛生環境を整えるあらゆるサービスを展開し、プロの技術と専門の資器材、洗剤を使ったハウスクリーニングを提供する「ダスキン」。全国に1,000もの拠点があり、近隣の店舗からスタッフが駆けつけます。家中の掃除を任せられる「ハウスワイドサービス」が人気で、引っ越しの際にぴったりです。

お掃除マスター

お掃除マスター

ハウスクリーニングに特化した専門業者の「お掃除マスター」。電話やインターネットを使って24時間いつでも受付できます。全国各地に拠点があり、最短で即日の対応が可能です。累積実績は5万件を超えており、明瞭で手頃な料金設定で、ハウスクリーニングを初めて利用する方も安心して依頼できます。

おそうじ革命

おそうじ革命

2010年の創業以来、累計約15万件の施工実績を誇る「おそうじ革命」。スタッフはハウスクリーニングやエアコンクリーニングの専門職ばかりで、その技術は確実です。現場の知恵を生かしてつくられたオリジナルの洗剤を使用し、品質の高さはもちろん、環境への配慮にも優れています。

6. 引っ越しの際はハウスクリーニングを活用しよう!

もともとの汚れや経年変化による汚れまでは対処する必要はありませんが、自分が汚した箇所はできるだけきれいな状態にして引っ越すのがマナーです。とはいえ引っ越し前はやることも多く、なかなか掃除まで手が回りません。掃除のプロの力を借りて、気持ちよく新生活のスタートをきれるといいですね!

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す