ガスコンロの汚れは重曹とセスキ炭酸ソーダで撃退!カンタン掃除術

キッチンの中で、汚れが目につきやすいガスコンロ。つい見て見ぬ振りをしてしまいがちですが、ガスコンロにこびりつく油汚れは放っておくと、ますます取れにくくなってしまいます。ここでは、酸性の油汚れに強い力を発揮する、アルカリ性の重曹とセスキ炭酸ソーダを使った掃除方法をご紹介しましょう。

パーツ別!ガスコンロのお手入れ術

ガスコンロの掃除は、パーツ別に行うのがおすすめです。作業に入る前に、必ず元栓を閉めてから行いましょう。また、調理の直後はカスコンロが熱くなっているので、火傷に気をつけることが大切です。しかし、ガスコンロの掃除は、ほんのり温かさが残るくらいが、汚れがゆるみやすいので、様子を見ながら作業に取りかかりましょう。

  1. 五徳
  2. 天板
  3. グリル

1.五徳

軽い汚れであれば、重曹水(100mlの水に小さじ1の重曹を溶かす)やセスキ炭酸ソーダ水(250mlの水に小さじ半分のセスキ炭酸ソーダを溶かす)をスプレーして拭くだけできれいになります。しかし、頑固な汚れがこびりついている場合には、二重にしたゴミ袋に、40℃くらいのお湯を入れ、大さじ4くらいの重曹を溶かした中につけ置きします。しばらくして汚れが浮き上がってきたところを、古い歯ブラシなどで磨き、きれいに洗い流しましょう。落ちきれなかった汚れには、ペースト状にした重曹を塗ってこすり落とすと、きれいになります。

2.天板

五徳をつけ置き洗いしている間に、天板をきれいにしましょう。キッチンペーパーを汚れがきになる部分に置き、上から重曹水やセスキ炭酸ソーダ水をスプレーすると、汚れが浮かび上がってくるので、きれいに拭き取ります。さらに、頑固な汚れの場合には、スプレーした上からラップをして、ドライヤーで軽く温めるとより効果的です。天板と合わせて、排気口カバーも汚れやすいので、あわせてきれいにしましょう。

3.グリル

グリルの掃除にも、重曹水やセスキ炭酸ソーダ水がおすすめ。庫内のしつこい汚れが気になるなら、キッチンペーパーを敷いて上からスプレーし、汚れを浮かび上がらせます。網や受け皿、見落としがちなグリル前面のガラスも、同じようにきれいにしましょう。また、グリルは、匂いも気になりやすい場所です。お茶の葉やコーヒーの出がらしを乾燥するまで加熱すると、脱臭効果が。重曹を粉のまま振りかけてしばらく置いても、匂いが軽減されます。

毎日のサッとひとふきがキレイを保つ

毎日使い、汚れやすいガスコンロですが、使い終わった後にサッと拭いておくだけで、キレイをキープすることができます。こびりついてしまった汚れは、重曹やセスキ炭酸ソーダを使って、すっきりと落としましょう。ガスコンロを掃除する余裕や時間がないという場合には、家事代行サービスを利用するのもおすすめです。ピカピカのガスコンロなら、料理のやる気もぐんとアップしますよね!ぜひ試してみてください。

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す