蛇口の汚れはほっとくと危険!?クエン酸と重曹でラクラク掃除法

お風呂や洗面所、キッチンなどの蛇口の掃除は、つい見落としがちです。しかし、放っておくと、黒カビが発生してしまうことも!また、頻繁に触るため、水垢だけでなく手垢などの汚れもつきやすい部分でもあります。汚れた蛇口から水を出すと、衛生面や健康面でも不安ですよね。ここでは、手軽にできる蛇口を清潔に保つ掃除方法をご紹介しましょう。

蛇口の掃除方法とは?

蛇口の掃除をする際、小さな子どものいる家庭などでは、カビ取り剤などの洗剤を使うのにためらってしまいますよね。そこで、クエン酸と重曹を使ったナチュラルクリーニングがおすすめです。

1.蛇口の水垢はクエン酸で

蛇口が全体的にくすんでいる、うろこ状の白い汚れがある場合は、水垢汚れが原因です。アルカリ性の水垢汚れには、酸性のクエン酸を使って掃除しましょう。

  1. クエン酸水(水200mlにクエン酸小さじ1)を作り、蛇口にまんべんなくスプレーする
  2. 上からキッチンペーパーを貼り付け、さらに上からラップをする
  3. そのまま30分〜1時間ほど置く
  4. 貼り付けていたキッチンペーパーで拭き取る
  5. 乾いた布でしっかり乾拭きする

頑固な水垢の場合には一晩置いておくとさらに効果的です。また、ラップで磨くとより汚れが落としやすくなります。

2.蛇口のひどい汚れは重曹とクエン酸で

水垢だけでなく手垢などの汚れも蓄積している場合には、重曹とクエン酸を使った掃除がおすすめ。歯ブラシや竹串などがあると、細かい部分が掃除しやすくなります。水が出てくる吐水口部分も、しっかりと汚れを落としましょう。

  1. 重曹にクエン酸水を少しずつ加えながらペースト状にする
  2. ペーストを歯ブラシにつけて、蛇口全体の汚れを落とす
  3. 細かい部分は竹串を使い、表面を傷つけないように汚れを落とす
  4. ぬるめのお湯で洗い流す
  5. 乾いた布でしっかり乾拭きする

重曹にクエン酸水を加えると発泡しますが、炭酸ガスが発生するためで、人体に害はありません。汚れが頑固な場合には、水垢のお手入れと同じように、キッチンペーパーとラップでくるむのがおすすめ。10分程度置いておいてからこするときれいになります。

意外と汚れやすい蛇口は、こまめなお手入れ習慣が大事

使用後に、サッとタオルで拭き、乾いた状態をできるだけキープするだけでも、汚れにくくなります。また、メラミンスポンジで軽く掃除することを習慣にすると、いつでもピカピカに。なかなか蛇口の掃除まで手が回らない、という方には、ときどき家事代行サービスを利用するのもよいですね。小さな子どもがいる家庭でも安心して使えるクエン酸と重曹で、蛇口をすっきりキレイにしましょう。

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す