玄関掃除で運気アップも!?いつでもピカピカに保つコツとは

玄関は、暮らしの中で常に目につく場所ではないので、つい掃除は後回しにしてしまいがち。しかし、家の顔でもあり、風水では幸運の入り口とされる玄関は、定期的に掃除しておきたいものです。今回は、手軽な玄関掃除のコツについて解説します。

玄関のタイルはメラミンスポンジで

玄関に入ると真っ先に目に入るのが、たたき(玄関の床)のタイル部分です。泥や砂の汚れを放っておくと、目地が黒ずんでしまい、ブラシでゴシゴシ磨いてももなかなかきれいにならない場合も。そんなときには、キッチンで活躍するメラミンスポンジがおすすめです。たたきの砂やホコリをほうきで掃いてから、軽く水で濡らしたメラミンスポンジで、気になる黒ずみ部分を軽くこするだけ。きれいになったら、水拭きと乾拭きをしておきましょう。

ドアや壁の汚れには重曹水が効果的

靴を履くときに触る壁やドアノブなどは、よく見ると無数の手垢汚れがついていることが!見過ごしがちなこれらの汚れは、水100mlに重曹小さじ1杯を溶かした重曹水が効果的です。気になる部分に重曹水をスプレーし、軽く拭くだけできれいになります。重曹水は、白く残ってしまう場合があるので、水拭きと乾拭きで仕上げましょう。

玄関を常にきれいに保っておくためのポイント

玄関をいつもきれいに保つためには、こまめなお手入れが大切です。そのためには、以下のようなポイントを押さえておきましょう。

1.整理整頓しておく

物が必要以上にある玄関では、掃除しにくく、きれいは保てません。必要最低限の量を置くことを心がけましょう。

2.掃除道具をすぐ手の届く場所に置いておく

気になる部分に気づいても、パッと掃除できなければ、ついそのままにしてしまうことも。手の届く場所に重曹水やメラミンスポンジなどを置いておくことをおすすめします。また、マイクロファイバークロスを用意しておくと、ちょっとした汚れならサッと拭き取れるのでおすすめです。

3.匂い対策をしておく

玄関で気になるのが、嫌な匂いです。自分では気づかなくても、外から来たお客さんには匂ってしまうことも。重曹を粉のままジャムの空き瓶などに入れて、玄関の隅に置いておくと、消臭剤として活躍します。

玄関に汚れを持ち込まないことも大切

玄関の掃除の手間を少しでも減らすためには、できるだけ砂や泥などの汚れを落としてから家に入ることが大切です。小さめのほうきを用意しておくと、汚れが気になるときにサッと掃けるのでおすすめ。忙しく余裕がない日々が続くときは、家事代行サービスなどを利用して玄関や家全体の掃除を頼んでみては?朝は、きれいな玄関から出発して、気持ちのよい一日にしたいですね!

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す