雨に濡れた洗濯物は洗い直す?そのまま干す?部屋干しでも早く乾かす3つの条件

整理整頓

せっかく干していた洗濯物が、途中で降ってきた雨で濡れてしまうと嫌ですよね。そのまま干し続けて乾いたから大丈夫だろうと思ってしまいがちですが、じつはNG。衣類のシミやニオイの原因になることもあります。洗濯物を雨に濡らさないためにも、天気の悪い日は部屋干しがおすすめです。今回は雨の日でも上手に洗濯物を乾かす方法について解説します。

雨に濡れた洗濯物は洗い直そう

うっかり雨に濡れてしまった洗濯物はもう一度洗濯するのがおすすめです。無色透明できれいに見える雨ですが、じつは空気中のチリやホコリなどを含んでいます。つまり、雨で衣類が濡れてしまうということは、チリやホコリを衣類につけてそのままにしていることになります。時間がない場合はすすぎだけでも行い、できればもう一度洗濯しましょう。

洗濯物が乾く3つの条件

洗濯物を乾かすには次の3つの条件が必要です。どれか1つでも欠けると乾くまでの時間は長くなり、生乾きのニオイなどの原因になってしまいます。しかし、できるだけ条件を3つ揃えることを意識すれば、天候にかかわらず早く洗濯物を乾かすことができます。

1.低い湿度

湿度はできるだけ低い方が洗濯物の水分が蒸発しやすいため、早く乾きます。湿度が高いと、空気中の水分量が多く、洗濯物がなかなか乾きません。

2.高い温度

できれば20℃以上の環境がおすすめです。空気が暖かいほど、洗濯物に含まれる水分の蒸発が促されるためです。

3.風通しのよさ

洗濯物を干すと周辺の空気が湿り、湿度が上がってしまいます、風を当てて空気の流れをつくることで、乾いた空気が流れ込み、洗濯物が乾きやすくなります。

雨の日に洗濯物を早く乾かすには?

雨の日に洗濯物を早く乾かすには上で挙げた3つの条件を意識し、次のような方法で干してみましょう。いつもより早く乾くはずです。

浴室で除湿機やサーキュレーターを使う

浴室は換気扇があり、じつは湿気を取り除くのに適した環境です。とはいえ、換気扇だけではなかなか乾かないため、除湿機やサーキュレーターを併用し、効率よく乾燥させるのがおすすめです。浴室の扉や窓はしっかり閉め、外から湿った空気が入り込まないようにすることがポイントです。

エアコンを使う

リビングや寝室などに部屋干しするなら、エアコンを活用しましょう。ドライや除湿モードを使うと効率よく洗濯物を乾かせます。サーキュレーターや扇風機を使い、空気の流れを作り出すとより効果的です。注意点は空気が停滞しやすい部屋の隅や、カーテンレールに干さないこと。できるだけ部屋の真ん中に干すことで、洗濯物に風が通りやすい環境をつくりましょう。

干し方を工夫する

洗濯物は干し方次第で乾きやすさが変わってきます。基本は洗濯物同士がくっつかないように干すこと。こぶし1つ分ほどの間を空けて干すようにしましょう。パーカーやジーンズなど乾きにくい衣類は裏返し、吊るして干すと乾きやすくなります。また、部屋干ししやすい便利グッズを活用するのもおすすめです。

雨の日は洗濯物を上手に部屋干ししよう

雨の日に無理に洗濯物を外に干すよりも、部屋で干す方が早く乾きます。ポイントは低い湿度と高い温度、空気の流れをつくること。除湿機やサーキュレーター、エアコンなどを上手に活用すると、外で干すのにも負けないくらい早く乾かすことができます。しかし、洗濯物を干すのにも手間もかかり、なかなか手が回らないこともあるでしょう。そんなときは家事代行サービスを利用するのもおすすめです。雨の日でも洗濯物をすっきり乾かして、気持ちよく過ごしたいですね。

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す