泥汚れに「水洗い」は逆効果?繊維の奥の泥をかき出し、すっきり落とす洗濯の手順

子どもの外遊びでついた靴下の泥汚れや、雨の日にズボンに飛んだ泥はねなどは手強く、落としにくい汚れのひとつ。洗濯前に水洗いしたのに落ちなかった、という経験がある方も多いのではないでしょうか。じつは洗濯機に入れる前に泥汚れのついた衣類を水洗いしてしまうのはNG! 逆に汚れが落ちにくくなってしまいます。そこで今回は、泥汚れをすっきりと落とす洗濯の手順とそのポイントをご紹介。これまで諦めていた泥汚れをラクに落としたい方、必見ですよ!

泥汚れに「水洗い」はNG!

衣類についた泥を落とそうと、前もって水洗いするのは逆効果。泥は水洗いすることで細かくなり、繊維の奥へ奥へと入り込んでしまうため、かえっておとしにくくなってしまいます。また、泥は水に溶けないため、逆に汚れを広げてしまうことにも。泥汚れのついた衣類に洗濯前の水洗いはNGと覚えておきましょう。

泥汚れをすっきり落とす洗濯の手順

泥汚れを落とすには、水洗いせずに乾いたまま前処理することがポイント。手順とともに、汚れ落ちをアップさせるポイントを以下にご紹介します。

1.泥をはたいて落とす

まず、衣類についた泥を水を使わずに、手でパンパンとはたいて落とします。なかなか落ちない場合は、歯ブラシやブラシなどを使うと効果的。衣類が濡れた状態の場合は、ドライヤーで乾かし、泥をはたいて落としましょう。

2.汚れ部分に洗剤を直接塗り込む

次に、汚れた部分を濡らさず、洗剤を直接塗り込みます。おすすめは「ウタマロ」などの洗濯石鹸。または普段洗濯に使っている液体洗剤でもOKですが、泥汚れ用がベターですね。

3.もみ洗いする

しっかり洗剤を塗り込んだら、ゴシゴシともみ洗いします。汚れのついた面だけでなく、裏側の面もしっかり洗い、泥を落としましょう。すすぐ際には汚れた面の裏側から流水を直接当てると、泥汚れが落ちやすくなります。

4.洗濯機で洗う

最後に洗濯機に入れ、他の衣類などと一緒に洗えば完了です。

泥汚れは前処理ですっきり落として気持ちよく

やっかいな泥汚れを洗濯するポイントは、乾いた状態で泥を落として前処理することです。また、汚れがついたらできるだけ早めに洗うことも重要。少し面倒な前処理ですが、早め早めに落としておけば、汚れがひどくなってつけおきなどする必要がなくなります。とはいえ、毎日忙しく洗濯に手間をかけられないという方は、家事代行サービスを利用するのもおすすめです。泥汚れはすっきり落として、清潔な衣類に毎日袖を通したいですね。

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す