一人暮らしも掃除は重要!これさえ揃えておけばOKなアイテムと掃除のポイント

誰にも迷惑かけないから、とつい後回しになりがちな一人暮らしでの掃除。確かに自由気ままな一人暮らしでは、しばらく掃除をサボっても誰にも叱られないし、困ることもあまりありません。とはいえ、あまりにサボってしまうと衛生的にも問題ですよね。さらにせっかくの一人暮らしの部屋が、リラックスできない空間になってしまうことも。今回は一人暮らしの部屋を掃除をテーマに、揃えておきたいアイテムやポイントについて解説しましょう。

一人暮らしの掃除はまず片付けから始めよう

まずは掃除の前に、不要なモノを片付けることからはじめましょう。ワンルームや1Kの部屋は収納も小さく、モノがあふれていることも少なくありません。不要なモノが多い部屋では掃除がしにくく、なかなか終わらない掃除にうんざりしてしまい、掃除のモチベーションが上がらない、なんて悪循環に陥ることも考えられます。一気に部屋中の片付けをするのは難しいので、今日はキッチン、来週はリビングなどのように場所を分けておこなうのがおすすめです。

揃えておこう、一人暮らしで便利な掃除アイテム

収納の少ない一人暮らしでは、掃除アイテムは必要なものを最低限揃えておきましょう。まずは次のような基本のアイテムを揃え、慣れてきたら徐々に他のアイテムも試してみるとよいですね。

各場所に適した洗剤

1つのアイテムでいろんな場所に使える重曹やクエン酸もおすすめですが、家事にあまり時間を割きたくない一人暮らしでは、場所ごとに決められた市販の洗剤を使うとよいでしょう。

スティック型掃除機

掃除機はコードレスタイプのスティック型が一人暮らしにはぴったりです。軽くて使いやすく、場所もとりません。

フロアモップ

手軽に床の拭き掃除ができるフロアモップも用意しておきましょう。シートはドライとウェットの両方を準備しておき、汚れに応じて使い分けると便利です。

メラミンスポンジ

水を含ませて軽くこするだけでさまざまな汚れを落としてくれる優れもの。とくにキッチンなどの水まわりで活躍します。

マイクロファイバークロス

細かい繊維で汚れをからめとってくれる、マイクロファイバークロス。1枚あれば、部屋中さまざまな場所に使えます。

コロコロクリーナー

リビングにカーペットを敷いているなら、用意しておきたいコロコロタイプのクリーナー。ホコリや髪の毛などを効率的に吸着してくれます。

場所別!一人暮らしの掃除のポイント

それでは、部屋の場所別に掃除のポイントを解説していきましょう。

リビング

リビングの汚れはホコリが中心。毎日の掃除機は難しくても、フロアモップでサッとホコリを取り除いておきましょう。夜の間にホコリが床に舞い落ちるので、朝起きてすぐおこなうのがベストタイミングです。フロアモップをベッドの枕元に立てかけておき、起きたらすぐに手にできるようにしておくとよいでしょう。

キッチンまわり

キッチンまわりの汚れは、水アカや油汚れが中心。どちらもついてすぐの汚れなら、食器用洗剤で簡単に落とせます。時間が経った汚れには、メラミンスポンジがおすすめです。さらに汚れが頑固になってしまったら、それぞれ専用の洗剤で掃除しましょう。

トイレ

トイレには、ホコリや水アカ、尿汚れなどさまざまな汚れが混在しています。それぞれ専用の洗剤を用意して、できるだけこまめに掃除するのが汚れを溜めないコツ。毎朝トイレに入ったついでに掃除するクセをつけておくとよいでしょう。

ユニットバス

湿気がたまりがちなユニットバスでは、こまめな換気が掃除のポイントです。黒カビの発生やぬめりを抑え、掃除の手間を減らしてくれます。使ったあとはバスタオルを使って、水気を拭いてから出るとよいでしょう。

狭い一人暮らしの部屋は掃除しやすい空間

狭い一人暮らしの部屋では、もっと広い部屋に住みたい! と思うかもしれません。しかし、狭さゆえに掃除の手間が少なくてすむのは大きなメリットです。いつもの生活にプラスして少しだけ掃除の時間を設けるだけで、きれいな空間を維持できます。とはいえ、仕事や勉強に忙しいときは、家事代行サービスを利用するのもおすすめ。部屋も広さがないので、一般家庭ほど費用がかかる心配も少ないでしょう。一人暮らしだからこそ、いつもきれいで快適な自分だけの空間にしておきたいですね。

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す