毎日の掃除にはティッシュやウェットティッシュを活用!かしこい「小掃除」テクとは

掃除は毎日のことだからできるだけ手間なく、手軽に終わらせたいもの。わざわざ雑巾や洗剤スプレーなどを出すのは面倒ですよね。

そこで活躍するのが、ティッシュやウェットティッシュ。毎日のちょっとした「小掃除」にぴったりで、終わったあとはポイッと捨てられるのも助かります。

今回はティッシュとウェットティッシュを使った小掃除について詳しくみていきましょう。

ティッシュは「乾いた汚れ」に最適!

暮らしに欠かせないティッシュは掃除にも大活躍。出かけた先などでもらうポケットティッシュを活用するのもおすすめです。ホコリや髪の毛といった「乾いた汚れ」を落とすのに向いています。ティッシュを使ったかしこい小掃除テクニックをチェックしましょう。

棚や照明の上のホコリ

いつの間にか溜まっている家具や照明などの上のホコリ。濡らした雑巾で拭くとホコリがダマになってしまい、落としにくくなってしまいます。

軽く折りたたんだティッシュで優しくなでるように拭けばOK。汚れた場部分を内側に折れば1枚でもあちこちの掃除に使えます。

窓のサンの砂やホコリ

窓やサッシのサン(レール部分)は屋内のホコリに加え、屋外から砂も入り込み、汚れやすい場所です。少し掃除しにくい場所でもあるため、ティッシュは輪ゴムを使って割り箸に巻きつけると使いやすくなります。割り箸を竹串に変えると、より細かい部分も掃除しやすくなりますよ。

洗面所の床の髪の毛

朝の身支度の後、床に多く落ちている髪の毛もティッシュで掃除するのがおすすめです。掃除機やフロアワイパーは立ったまま掃除するため、落ちている髪の毛が見えにくいですよね。ティッシュならしゃがんで掃除するので、隅に落ちている髪の毛まで見逃さず、しっかり取り除けます。

ウェットティッシュは「こびりついた汚れ」も落とす!

ウェットティッシュはこびりついた汚れに効果を発揮。付着後あまり時間の経っていない汚れなら、洗剤いらずでさっと落とせます。アルコールが含まれているタイプなら汚れを落とす力が強く、さらにおすすめです。ウェットティッシュを使った小掃除テクニックをご紹介しましょう。

テーブルや床の食べこぼし

子どもがいる家庭に多い食べこぼし。テーブルや床に落ちた食べこぼしはウェットティッシュでサッと拭きましょう。テーブルの上の輪じみも早めに拭けば跡に残りません。ベタベタするのが気になるなら、アルコールタイプのウェットティッシュがおすすめです。

扉や壁、ドアノブの手垢

扉や壁、ドアノブなどについた手垢にもウェットティッシュが大活躍します。壁のヤニにも効果的。落ちにくい場合は市販のセスキ炭酸ソーダ水をスプレーして拭き取るとすっきり落とせます。

キッチンの汚れ

キッチンのさまざまな汚れにもウェットティッシュは活用できます。コンロ周りの油汚れや電子レンジの汚れも、使用後の温かいうちにウェットティッシュで拭けばベトベトも残りません。冷蔵庫内の食品の汁漏れやシミ、扉の手垢などもウェットティッシュでサッと拭き取りましょう。頑固な汚れはセスキ炭酸ソーダ水をスプレーして拭くのがおすすめです。

ティッシュやウェットティッシュを使った小掃除のポイント

毎日のちょっとした掃除に便利なティッシュやウェットティッシュ、使う際のポイントをお伝えします。

さっと取り出せる場所にスタンバイ

すきま時間にすぐ掃除できるよう、さっと取り出しやすい場所にスタンバイさせておきましょう。各部屋ごとに用意しておいてもいいですね。

スマホなど液晶画面の掃除には注意

掃除のついでに、とスマホの液晶画面をティッシュやウェットティッシュで拭くのはNG。ティッシュは手垢や油分を吸着せず、むしろ塗り広げるだけできれいにはなりません。また、液晶画面に傷をつけるおそれも。さらに、除菌タイプのウェットティッシュは含まれる成分が表面のコーティングを少しずつ剥がしてしまうこともあり注意が必要です。スマホなどの液晶画面は専用のクロスや専用のウェットティッシュを使いましょう。

ティッシュやウェットティッシュを使って毎日の掃除をラクに

毎日のちょっとした掃除に便利なティッシュやウェットティッシュ。わざわざあれこれ掃除道具を取り出す手間もいらず、終わった後は簡単に処分できて、すきま時間の掃除にも最適なアイテムです。

こまめな掃除を積み重ねれば、大掛かりな掃除はほとんど必要なし。ティッシュやウェットティッシュを上手に活用し、掃除の手間や時間をグッと減らして暮らしにゆとりをつくりたいですね。

【関連ページ】どこまで依頼できる?家事代行のサービス内容

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す