血液の汚れは水洗いで落とそう!シミになった汚れを効果的に落とす洗剤と上手な使い方

擦り傷や鼻血、経血などでうっかり汚してしまった衣類。「いつも通り洗濯すれば落ちるはず」なんて思っていませんか?衣類に付着した血液は放っておくと固まり、シミとなって落ちにくくなります。衣類についた血液汚れは初めの対応が肝心です。

とはいえ、出先などでどうしても対応が遅れてしまうこともありますよね。そこで今回は血液汚れをかしこく落とすコツと、シミになってしまった場合に効果的な洗剤の種類とその使い方について詳しくみていきましょう。

血液がついたらすぐ水洗い!

衣類に血液が付着しているのを発見したら、そのまま放置しないようにしましょう。対処が遅れるとシミの原因になってしまいます。ついたばかりの血液汚れは、以下の2つのコツを押さえて対処しましょう。

熱いお湯を使わない

衣類についた血液に熱いお湯はNG。30℃以下のぬるま湯や水を使いましょう。血液はタンパク質を含み、お湯に触れると凝固して落としにくく、シミになってしまいます。

水洗いできないときはどうする?

出先などで水洗いするのが難しい場合は、まず乾いたティッシュなどで血液の水分を拭き取ります。その後、濡らしたハンカチや布に血液を移し取るように上から何度も叩きましょう。帰宅後はできるだけ早く洗濯してくださいね。

血液のシミに効果的な洗剤と使い方

つづいて、シミになった血液汚れを落とすのに効果的な洗剤をご紹介しましょう。時間が経ってシミになった血液汚れは、水洗いやいつもの洗濯ではなかなか落ちません。そこで洗剤を活用するのが上手に落とすポイントです。

1.中性洗剤

手軽に使える中性洗剤。台所用洗剤もしくは液体の洗濯洗剤が適しています。直接洗剤を血液汚れ部分に塗布し、つまむように洗いましょう。歯ブラシなどを使って汚れ部分を軽く叩くのも効果的。その後はいつも通り洗濯すればOKです。

2.セスキ炭酸ソーダ

掃除に活躍するセスキ炭酸ソーダは血液汚れにも効果的です。スプレータイプのセスキ炭酸ソーダ水なら、付着した血液に直接吹きかけて軽くもみ洗い。粉末のセスキ炭酸ソーダなら30分〜3時間ほどつけ置き(水300mlにセスキ炭酸ソーダ小さじ1ほど)を。いずれの場合も、その後いつも通り洗濯しましょう。

3.酸素系漂白剤

頑固になった血液汚れは漂白剤で落としましょう。「ワイドハイター」や「ブライト」などの液体の酸素系漂白剤なら色柄物にも使えて安心です。以下の手順で洗えば落ちにくいシミもすっきり落とせます。

  1. もみ洗いしてできるだけシミを落としておく
  2. 酸素系漂白剤をシミ部分に直接塗る
  3. 洗濯洗剤を溶かした洗剤液に衣類を入れ、30分〜3時間ほどつけ置きする
  4. いつも通り洗濯する

血液汚れは早めの対処が肝心!

血液は衣類に付着してすぐのタイミングなら、水洗いで落とせます。お湯を使うとシミになるため、水やぬるま湯を使うのがポイント。時間の経った血液汚れは、中性洗剤やセスキ炭酸ソーダ、酸素系漂白剤などの洗剤を活用し、効率よく落としましょう。

とはいえ、日々忙しく毎日の洗濯に気を配っていられないという方は、プロの手を借りてみるのもひとつです。汚れを落としすっきりと洗い上げた衣類で、毎日快適に過ごしたいですね。

【関連ページ】家事代行サービスとは?
【関連ページ】どこまで依頼できる?家事代行のサービス内容

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す