省スペース&高コスパで安心安全。汚れのタイプ別お掃除スプレーの作り方

キッチンや浴室、トイレ、リビングなど、家の各場所ごとに洗剤を用意していませんか?最近ではさまざまな専用の洗剤が販売され、この場所にはこの洗剤でなくては!と思い込んでしまっているかもしれません。しかし、汚れの種類に合わせて洗剤を選べば、そんなに多くはいらないものです。今回は、家中に使える便利なお掃除スプレー、基本の4種類の作り方を解説しましょう。

便利なお掃除スプレーの作り方

ナチュラルクリーニングが一般的になり、ここでご紹介するお掃除スプレーも市販されています。もちろん購入しても構わないのですが、手作りするとコスパがよいだけでなく、好みの割合に作れたりアロマオイルを入れたりと、カスタマイズできるのが魅力です。また、お気に入りのボトルに入れておけば、見た目にも統一感が出ておしゃれな雰囲気にも。それではさっそく、作り方を紹介しましょう。

油汚れや焦げつきに「重曹スプレー」

キッチンの油汚れや鍋の焦げつきに活躍してくれる重曹スプレー。40℃くらいのぬるま湯に重曹を大さじ1ほど加えて作ります。多く入れすぎると、溶けきらずに白く残ってしまうので注意を。油汚れがひどいものには、キッチンペーパーの上からスプレーしてしばらく置いておくとよいでしょう。

油汚れや洗濯に「セスキ炭酸ソーダ水スプレー」

重曹よりもアルカリ性が高く、より油汚れに効果を発揮してくれるのがセスキ炭酸ソーダ水スプレー。500mlの水にセスキ炭酸ソーダを小さじ1ほど加えて作ります。キッチンの油汚れの他にも、浴槽の皮脂汚れにも効果的です。また、血液汚れを落とす効果も。軽い汚れなら、スプレーして軽くもみ洗いするだけでOK。染み込んでしまっている場合には、スプレーではなく、セスキ炭酸ソーダ水につけ置きしておきましょう。肌が弱い人は手袋の使用をおすすめします。

水垢や消臭効果も「クエン酸スプレー」

酸性の性質を持ち、水垢やトイレの尿石、アンモニア臭に効果的なのがクエン酸スプレー。200mlの水に小さじ1ほどのクエン酸を加えて作ります。トイレのふち裏の頑固な汚れには、トイレットペーパーを全体的に貼り付けて上からスプレーする、クエン酸水パックがおすすめです。キッチン・浴室の水垢には、スプレーしてマイクロファイバータオルで拭きあげるか、メラミンスポンジでこすり落とすときれいに落ちますよ。

除菌やカビ予防に「アルコールスプレー」

除菌や消臭、カビ予防だけでなく、油汚れに使えるのがアルコールスプレー。無水エタノール80mlに対し、水20mlを加えて作ります。刺激が強いと感じる場合には、水の量を増やすとよいでしょう。ドアノブや壁の手垢に、サッとスプレーして拭くだけですっきり。鏡やガラスも拭き筋が残らず、きれいに拭けます。カビが生えやすい場所にあらかじめスプレーしておけばカビ予防にも。

お掃除スプレーを手作りする際の注意点

いずれのスプレーを作る場合にも、ボトルは清潔なものを用意しましょう。また、材質によっては変質や変色する場合もあるので、注意してくださいね。あまり大量に作りすぎず、使う分だけ作り、長期の保存はしないようにしましょう。

汚れに合わせてお掃除スプレーを用意しよう

場所ごとや用途ごとに専用の洗剤を用意しなくても、汚れに合わせてお掃除スプレーを作っておけば、省スペースでコスパもよいのはもちろん、何が入っているか明らかなので安心して使えます。掃除が苦手なら、ときおり家事代行サービスを利用するのもおすすめです。水まわりをしっかりと、またはリビングダイニングを徹底的になど、要望に合わせてきれいにしてくれますよ。あれこれ洗剤を揃えるよりも、汚れに合わせたお掃除スプレーでサッとすっきりさせたいですね。

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す