使い古しの歯ブラシはひと工夫で掃除しやすく!隙間や角の汚れもすっきり落とそう

あちこちの掃除に使った後は心置きなく捨てられて、コスパのいい使い終えた後の歯ブラシ。さらに通常の掃除用ブラシよりヘッドがコンパクトなため。隙間や角を掃除するのに役立ちますよね。そこで今回は使い終えた歯ブラシがより使いやすくなるひと工夫をご紹介。さらに使い古しの歯ブラシが活躍する掃除場所についても解説します。

使い古しの歯ブラシはひと工夫プラスして掃除しやすく!

使い古しの歯ブラシは、そのままではなく、少しだけ手を加えて使いやすくしてみましょう。まず、開いた毛先をカットすることで、ブラシのコシが戻り掃除しやすくなります。次に歯ブラシの首部分を曲げて角度をつけることで、持った手が邪魔にならずに細かい場所も掃除できるようになります。

曲げ方は簡単!コップなどに溜めた熱湯の中に歯ブラシを入れ、やけどしないよう気をつけながら、グッと上から押し付けるだけ。歯ブラシのネック部分が「への字」の形になればOKです。

使い古しの歯ブラシが活躍する掃除場所

歯ブラシの用意ができたら、実際に掃除に使ってみましょう。小回りが効くので狭い場所や小さな隙間の掃除にぴったり。各場所に1本ずつ常備しておくのもおすすめです。

1.蛇口まわり

蛇口の根元やパーツの継ぎ目などは古歯ブラシと台所用洗剤を使い、汚れをかき出すようにこするとピカピカに。なかなか落ちない汚れはクリームタイプのクレンザーを使うと、するりと落とせます。

2.排水口

手を触れたくない排水口の掃除にも古歯ブラシが活躍。持ち手が長いため、奥にある細かい部分の汚れやぬめりも簡単に落とせます。

3.洗濯槽まわり

洗濯機の内部や洗濯槽に溜まったホコリも古歯ブラシで掃除するのがおすすめです。デコボコに溜まったホコリは、乾いた古歯ブラシで絡め落とせばすっきりきれいに。細かいパーツのある洗剤投入口やゴミ取りネットの掃除にもぴったりです。

4.サッシ

窓際のサッシは砂ボコリやチリなどが溜まりやすい上に、幅が狭くて掃除しにくい場所です。小回りがきく古歯ブラシなら、細かい部分に入り込んだ汚れをしっかりかき出せます。

5.巾木

うっすらホコリが溜まった巾木の上も乾いた古歯ブラシを使って掃除しましょう。ブラシが角の部分にぴったりと沿い、軽くなでるだけでホコリをすっきり絡めて落とせます。

6.リモコンボタンの隙間

幅が狭くて掃除しにくいリモコンボタンの隙間も古歯ブラシを使えば、溜まったホコリをしっかりかき出せます。ヘッドがコンパクトな子ども用の歯ブラシなら、小さめのリモコンの掃除もラクラクです。

使い終えた歯ブラシであちこちお掃除を

役目を終えた歯ブラシはあちこちの掃除に惜しみなく活用できる便利なアイテム。そのままでも十分に使えますが、開いた毛先をカットする、ネック部分を曲げるといったひと手間を加えることでより使いやすくなります。しかし日ごろの掃除では細かい場所までなかなか手が回らないもの。そこで家事代行サービスを定期的に利用するのもおすすめです。隙間や角の汚れまですっきり落とし、毎日気持ちよく過ごしたいですね。

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す