もう億劫にならない!毎日の掃除を習慣にするコツ3つ

忙しい毎日の中で、掃除の時間を作るのは意外と大変。あれもこれもやらなきゃと思っているうちに、時間が過ぎてしまった、なんてことも多いですよね。あれこれ考えず、掃除を習慣にしてしまえば、ささっと手早くすませてしまえるもの。今回は、掃除を無理なく習慣化するためのコツについて解説します。

そもそも掃除は毎日するべき?

どうせ掃除するんだから汚れが溜まってからでもいいのでは?とお思いかもしれません。しかし、汚れは蓄積すればするほど取り除きにくくなり、時間もかかってしまいます。しかし、付着してすぐの軽い汚れなら、少ない力で簡単に落とすことが可能です。つまり、毎日こまめに掃除をする方が、ストレスなくささっと手早くすませることができる、というわけです。

毎日掃除のクセを身につけよう!

毎日掃除した方がいい、と分かってはいても、実行に移すのは難しいもの。そこで、毎日の掃除を、ラクに習慣化できるコツをご紹介しましょう。

1.毎日の掃除は目につくところだけでOK!

毎日の掃除は、すべてをピカピカにする必要はありません。目線より下の、目につきやすい場所を中心的に掃除するだけで大丈夫。目に入りやすい場所が常にきれいであれば、きちんと掃除が行き届いている印象になりますよ。その他の細かい部分は、週末などの時間がある際にやると決めておくとよいでしょう。

2.掃除グッズはすぐ使える場所にスタンバイさせておく

掃除を習慣化するためには、すぐ掃除に取りかかれることが大切です。わざわざ準備する必要があると、どうしても面倒に感じてしまうもの。すぐに使えるグッズを、手の届きやすい場所にスタンバイさせておくことが大切です。見た目にもスタイリッシュなアイテムを揃えて置くと、掃除へのモチベーションもアップするのでおすすめですよ。

3.便利なアイテムでストレスなく掃除しよう

サッと掃除できる便利な掃除アイテムを揃えておくことも重要です。わざわざ大きくて重い掃除機を出して……なんて、考えるだけで掃除が億劫になってしまいますよね。毎日の掃除には、以下のようなアイテムを揃えておくと便利ですよ。

  • フローリングワイパー
  • 粘着式カーペットクリーナー
  • ハンディ掃除機
  • マイクロファイバークロス

いずれもサッと取り出して使えるアイテムばかりです。フローリングワイパーでホコリを集めて、ハンディ掃除機で吸い取ればフローリングの掃除は完了。余裕があればウェットシートを使って拭くとさらにきれいになります。カーペットのホコリや髪の毛は、粘着式のカーペットクリーナーを転がすだけ。マイクロファイバークロスなら、乾いたままでテレビや家具についたホコリや手垢をきれいに、軽く濡らせば多少頑固な汚れも落とすことができる便利なアイテムです。

毎日の掃除は、無理なく習慣化

毎日の掃除は、ラクにできるかどうかが大切です。面倒で億劫なことは続きませんよね。隅々までする必要はなく、自分が心地よいと思える状態をキープできれば、きっと無理なく習慣にできるはずです。忙しい毎日で、どうしても掃除まで手が回らないなら、家事代行サービスに依頼するのもおすすめです。無理なくきれいが続く、掃除の習慣化を今日から始めてみませんか?

The following two tabs change content below.
みすみぞの いずみ

みすみぞの いずみ

九州在住、2男児の母でライター。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づく。もっともっと毎日の生活も思考もシンプルにさせたい30代半ば。

家事代行サービスを探す