東急電鉄、買物代行のhonestbeeと提携。 シェアリングエコノミー確立し「日本一住みたい沿線」目指す

買い物

ホーム・コンビニエンスサービス「東急ベル」を運営する東京急行電鉄株式会社(以下:東急電鉄)が、アジア最大級地域密着型のオンライン買物代行コンシェルジュサービスを展開するシンガポール発のベンチャー企業honestbee株式会社(以下:オネストビー)と包括業務提携契約を9月1日に締結しました。

同提携は「日本一住みたい沿線」を目指す東急電鉄の取り組みの一環として行われます。東急線沿線を中心とする新たなシェアリングエコノミー型事業モデルの確立を目的に、買い物代行コンシェルジュサービス「honestbee」の浸透と拡大を図るほか、東急ベル配送サービスの一部委託を検討するものです。

「honestbee」は、Webやアプリ上からの注文をスタッフが買物代行し、注文から最短1時間以内に自宅やオフィスまで届けるサービスです。日本においても宅配需要は拡大していますが、その一方で人手不足が深刻化しています。「honestbee」では専業ではなく一般人から人手を確保し、コンシェルジュスタッフを育成する仕組みで、労働時間は最短2時間からとなっています。育児や介護など、働きたくても時間の確保が難しい人にスキマ時間を利用した働き方を提案することで新たな雇用機会も生むとのことです。

東急電鉄は2012年6月より、東急線沿線でホーム・コンビニエンスサービス「東急ベル」を展開しており、訪問式の代行サービスを行ってきました。これまでは、ネットスーパーやハウスクリーニング、家事代行など「家ナカ」を便利で快適にするサービスでしたが、同提携により買い物代行が加わります。地元商店街や路面店などを両社のサービス加盟店として開拓を図り、地域経済を活性化させていく見通しです。

(カジフル編集部 平井 真理)

The following two tabs change content below.
カジフル 編集部

カジフル 編集部

カジフルは、家事代行サービスに関する情報ポータルサイトです。家事代行サービスの利用を検討されている方向けに、利用の手引きからおすすめの家事代行サービス会社の検索・比較サービス、気になる家事代行サービスの口コミや評判、最新のキャンペーン・ニュース情報などを提供しています。

ABOUTこの記事をかいた人

カジフル 編集部

カジフルは、家事代行サービスに関する情報ポータルサイトです。家事代行サービスの利用を検討されている方向けに、利用の手引きからおすすめの家事代行サービス会社の検索・比較サービス、気になる家事代行サービスの口コミや評判、最新のキャンペーン・ニュース情報などを提供しています。

家事代行サービスを探す