広島銀行、無料で家事代行サービスなどを紹介する「生活パートナーサービス」9月開始

家族

共働き世帯の増加で、家事代行の需要が高まっていますが、実際に初めて依頼するとなると悩んでしまいますよね。家事代行以外にも、引越しや修繕、害虫駆除など知らない人が家に入るサービスを選ぶ時は慎重に慎重を期す方がほとんどでしょう。

一般的にこうしたサービスはその都度個別の業者を探すものですが、そんな中、広島銀行が9月より年会費や紹介費無料で顧客向けに生活を支援するサービスを紹介してくれるサービスを始めることがわかりました。日本経済新聞が8月29日付けで報じています。

「生活パートナーサービス」という名称のこのサービスは、広島銀行が、ひろしま信愛不動産の100%子会社であるひろしま生活パートナー株式会社と提携して行います。サービスの提供は、まず、広島市、安芸都府中町、安芸都海田町から行われます。

サービスの内容は、広島銀行の個人の顧客に対して、家事代行や引越し、リフォーム、室内のクリーニングから高齢者向け住宅の紹介、相続対策まで、生活のあらゆる悩みをサポートするものになるということです。生活支援のサポートが必要な時に相談すると、広島銀行が法人顧客の中からひろしま生活パートナーと提携した企業のサービスを紹介してくれます。

サービス開始当初は普段の生活にかかわるサービスが中心ですが、2019年4月を目処に冠婚葬祭や自動車ディーラーの紹介などのサービスも拡充する見通しで、10月以降にはエリアを広げるということです。すでに「お引越し」「ホームセキュリティー」などの一部サービスは広島県、山口県、岡山県。愛媛県の全営業エリアで利用可能です。

多くの企業を顧客に持つ銀行ならではの利点を活かした仲介サービスで、家事代行をはじめとした代行サービスがより身近なものになりそうですね。

【参照ページ】家事代行 事業者を紹介 広島銀、個人顧客向けに来月から
【参照ページ】「〈ひろぎん〉生活パートナーサービス」の創設について

(カジフル編集部 平井 真理)

家事代行サービスを探す