家事代行サービスの価格・料金相場を知る

悩む

家事代行サービスを選ぶ際、皆さんが一番気にするのが「一体いくらかかるのか?」という価格ではないかと思います。家事代行サービスの料金体系は会社によって様々に異なり、一つの会社でも複数のプランを用意しているため、単純な比較も難しいのが現状です。そこで、ここでは大手の家事代行サービス会社の料金体系を参考に、家事代行サービスの基本的な料金システムや相場についてご紹介していきます。

家事代行サービスの料金の決まり方

家事代行サービスの料金相場を知る前に、まずは家事代行の料金はどのような条件によって変わってくるのかを理解しましょう。家事代行サービスの料金を決めるのは、主に下記の3つの要素です。

  • 依頼内容
  • 依頼時間
  • 依頼頻度

それぞれのポイントについて解説していきます。

依頼内容

一言で「家事代行」と言っても、依頼できる内容は多岐に渡ります。掃除や洗濯だけをお願いしたい場合もあれば、料理の作り置きをお願いしたい場合もあるでしょう。例えば「家事代行サービス」と「料理代行サービス」では料金プランを変えている会社が多いですし、「浴室掃除パック」などのように清掃する箇所ごとにプランを用意している会社もあります。また、依頼内容は同じでもサービスやスタッフのクオリティに応じて「ライトプラン」と「ベーシックプラン」など複数のプランを用意している会社も多いので、家事代行サービスの利用にかかる料金を知るためには、まずは自分自身の依頼したい内容をしっかりと固める必要があります。

依頼時間

家事代行サービス会社のウェブサイトでは、料金の安さを分かりやすく伝えるために「1時間●●円~」といった表記をしているケースも多いのですが、作業自体は2時間~というのが一般的で、「2時間プラン」「3時間プラン」など作業時間によって一回あたりの料金は変わってきます。基本的には依頼頻度が低いプランほど必要な作業が増えるため、一回あたりの作業時間が長くなり、結果として一回あたりの費用も高くなる傾向にあります。

依頼頻度

家事代行サービスの料金設定においては、作業を依頼する頻度も重要です。一般的には毎週ないし隔週で依頼するケースが多いと思いますが、依頼頻度が少ない場合、そのぶん片付けや清掃作業は大変になるため、隔週で依頼するプランの場合は3時間からのみ対応可能という形で最低作業時間が長く設定されているケースや、逆に同じ作業時間でも料金が高く設定されているケースが一般的です。

お試しプランの料金

家事代行サービス会社の多くが、はじめて家事代行を利用される方向けに、初回限定のお試しプランを用意しています。お試しプランの場合は通常のサービスよりリーズナブルな料金に設定している会社が多く、料金相場としては2時間・5,000円前後(交通費含む)というイメージです。まずはお得なお試しプランを活用して複数の会社を試してみるのがおすすめです。

家事代行サービスの料金内訳と相場

家事代行サービスを定期的に利用する場合、具体的にどのような料金がいくらぐらいかかってくるのでしょうか?ここでは、家事代行サービスの一般的な料金体系の内訳とその相場について解説します。

項目 料金相場
基本料金(1時間あたり) 2,000円~3,000円程度
※一回あたり2時間(4,000円~6,000円)からが一般的
延長料金(10分あたり) 500円程度
※10分単位(500円程度)か30分単位(1,500円程度)が一般的
スタッフ交通費(1回あたり) 700円~1,000円程度
鍵預かり代 無料~1,000円程度
スタッフ指名料(1時間あたり) 500円程度
早朝・深夜割増料金 25%割増対応

それぞれの項目について簡単にご紹介します。

基本料金(1時間あたり)

ベースとなる家事代行の基本料金は、1時間あたり2,000円~3,000円程度が相場となります。特別なプランの場合はより高くなるケースもありますし、なかには1時間あたり1,000円台からサービスを提供している会社もあります。ここで注意したいのは、これらの価格はあくまで「1時間あたり」の金額だという点です。実際のサービスは1回あたり2時間か3時間からというのが一般的なので、2時間であれば1回あたり4,000円~6,000円はかかることになります。

延長料金(10分あたり)

依頼内容が作業時間内に終わらなかった場合、作業スタッフのスケジュールがつけば延長料金を支払うことで対応してもらえることもあります。延長料金のシステムは10分単位か30分単位となっていることが一般的で、相場としては10分あたり500円程度、30分であれば1,500円程度となります。延長料金は時間あたりの料金が基本料金よりも少しだけ高くなるイメージです。なお、家事代行サービスにおいては基本的に依頼主の許可を得ずに勝手に作業時間を延長し、高額を請求されるということはなく、延長をする場合は事前に承諾を得てからというのが一般的なので安心しましょう。

スタッフ交通費(1回あたり)

スタッフの交通費については、実費ではなく毎回固定で請求する会社がほとんどです。交通費の相場は1回あたり700円~1,000円となります。月4回の依頼となれば、この交通費分の料金も意外とかさみますので、事前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

鍵預かり代

不在時の家事代行サービスを依頼したい場合には、別途スペアキーの預かり代がかかることがあります。鍵の預かりについては無料対応という会社もあるのですが、有料の場合は預かり手数料として毎月1,000円程度かかるのが一般的です。

スタッフ指名料(1時間あたり)

スタッフの指名料については、そもそも指名制度がない会社や固定担当制をベースとしている会社もあるものの、相場としては1時間あたり500円程度となっています。

早朝・深夜割増料金

家事代行サービス会社によって、早朝・深夜も作業は可能なものの、通常料金に割増料金がかかるところがあります。割増料金は25%程度が相場のようです。

家事代行サービスは結局いくらかかるの?

上記では家事代行サービスの利用にかかる料金の内訳と相場を説明しましたが、これらを総合すると、結局のところ家事代行サービスには毎月いくらぐらいのお金がかかるのでしょうか?ここでは、最も多い月2回・月4回のパターンを基に大体の相場をお伝えします。

依頼パターン 一回あたりの費用相場 月額費用の相場
月4回利用 5,000円~7,000円 20,000円~30,000円
月2回利用 7,000円~10,000円 15,000円~20,000円

週1回・月4回来てもらう場合の月額費用の相場としては、20,000円~30,000円程度、隔週・月2回来てもらう場合の月額費用の相場としては15,000円~20,000円程度となります。ただし、上記はあくまで相場であり、実際の料金は利用する家事代行サービス会社や選択するプランなどによって大きく異なりますので、参考程度の目安としてお考えください。

みんなは一体いくら払っているの?

週1回・月4回の家事代行サービスを利用する場合、毎月20,000円~30,000円程度の出費を覚悟する必要がありますが、この金額は果たして高いのでしょうか?それとも安いのでしょうか?家事代行サービスの相場観をより具体的に把握するために、ここでは2つの調査をご紹介したいと思います。

タスカジ調査:家事代行に使ってもよいと思える月額予算は22,000円

家事代行マッチングプラットフォームの「タスカジ」が2016年7月に実施したアンケート調査によると、実際の利用者が家事代行サービスに使ってもよいと思える月額の平均予算は「22,573円」という調査結果が出ています。

(出所:【タスカジ】家事代行利用に関する意識調査)

この調査結果を見ると、利用者が家事代行サービスに毎月支払ってもよい金額として一番多いのが「2万円以上3万円未満」で27%、次いで「1万円以上2万円未満」で22%、「3万円以上4万円未満」が20%となっており、上記で説明した価格相場と比較してもあまり違和感がないことが分かります。

はじめて家事代行を利用する方にとっては2万円という費用を高く感じるかもしれませんが、実際の利用者の目線では、22,000円程度は妥当であり、家事代行サービスにはその金額を払う価値があると考えていることが分かります。

野村総研調査:家事代行に支払う1時間あたり料金は3,000円~7,000円

続いてご紹介するのは、野村総合研究所が2014年に実施した調査です。同調査によると、家事支援サービスを既に利用している、もしくは利用していた人のなかで、家事支援サービスに支払う1時間あたりの料金(交通費は除く)として最も多かった回答は「1,000円以上3,000円未満」で26%、次いで「3,000円以上5,000円未満」が19%、「5,000円以上7,000円未満」が12%と続きます。

(出所:平成26年度女性の活躍推進のための家事支援サービスに関する調査)

家事代行サービスの一般的な1時間あたりの料金相場は2,000円~3,000円程度ですので、この調査結果も納得がいくものです。一方で、1時間あたり5,000円以上の金額を支払っている人も46%いるという事実があり、高いお金を支払ってでも質の高いサービスを受けたいと考えている利用者が多いことも分かります。

安さ重視か、クオリティ重視か

野村総研の調査からも分かるように、家事代行サービス選びにおいては価格が重要な要素であることには変わりないものの、安ければ安いほどよいというわけではない点も理解しておく必要があります。価格が安いということは、そのぶんだけスタッフに支払われている時給も安いわけですから、スタッフの質や作業に対する熱意などが不十分である可能性も高まります。家事代行サービスを選ぶ際は、価格だけを見るのではなく、価格に対してどのようなサービスが受けられるのかというサービスの質もセットで考慮して、最も費用対効果が高いサービスを選ぶようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?家事代行サービスの料金体系は複雑で比較もなかなか難しいので、正しい相場観を持って判断することが大切です。また、実際の金額は依頼主の要望や条件によっても大きく変わってきますので、家事代行サービスを利用するときは複数の会社から見積もりをとってみて、自宅を依頼する場合の具体的な相場観についてもしっかりと掴むようにしましょう。

「家事代行サービス利用の手引き」のその他のページを見る

おすすめ家事代行サービスPICK UP!

CaSy

カジー当日の3時間前まで予約が可能な家事代行サービス「CaSy」

Swipp

スウィップ業界トップクラスの低価格を実現した家事代行サービス「Swipp」

ベアーズ

ベアーズ150万件以上の実績。家事代行業界の最大手「ベアーズ」

The following two tabs change content below.
カジフル 編集部

カジフル 編集部

カジフルは、家事代行サービスに関する情報ポータルサイトです。家事代行サービスの利用を検討されている方向けに、利用の手引きからおすすめの家事代行サービス会社の検索・比較サービス、気になる家事代行サービスの口コミや評判、最新のキャンペーン・ニュース情報などを提供しています。

家事代行サービスを探す