家事代行サービス依頼時のチェックポイント

チェック

ここでは、はじめて家事代行サービスの利用を検討されている方向けに、家事代行サービスを依頼する際に確認しておくべきポイントについてご紹介したいと思います。複数の会社を比較・検討する際のチェック項目としてもご活用ください。

家事代行サービス依頼時に、事前に確認しておくべきポイント

家事代行サービスの依頼時に、事前にしっかりと確認しておきたいポイントは下記の通りです。

  • 問い合わせ時の対応
  • サービスの対象範囲
  • 利用料金
  • 支払い方法
  • 不在時の依頼ができるか
  • 鍵の管理体制
  • 清掃用具をどちらが用意するか
  • スタッフの採用・教育体制
  • 担当スタッフのシステム・変更可否
  • 対応可能な曜日と時間
  • 予約締切
  • キャンセルポリシー
  • 損害賠償保険の有無
  • 解約の規定

ここでは、それぞれのポイントについて詳しくご紹介します。

問い合わせ時の対応

最初のチェックポイントは、問い合わせ時の会社の対応です。通常はメールや電話で初回の見積もり依頼やお試しプランを申し込む形式が一般的ですが、そのときの担当者の対応の丁寧さや対応スピードなどをしっかりと確認しておきましょう。カスタマーサービス(顧客対応)の質は、その会社のサービスの質を示すと言っても過言ではありません。問い合わせに対するレスポンスが遅い会社や対応に丁寧さや真摯さが感じられない会社は避けるようにしましょう。

サービスの対象範囲

家事代行サービス会社によって依頼可能な作業内容や範囲は異なりますので、事前にしっかりと対象範囲を明確にしておく必要があります。例えば水回りの掃除を依頼する場合、お風呂の排水の掃除まで含まれるのかどうか、キッチンの油汚れはどこまで対応してもらえるのか、洗濯機の裏の埃までとってくれるのかなど、細かい部分まで認識を擦り合わせておく必要があります。また、ペットの世話や庭の手入れなども会社によって対応が大きく異なるため、注意が必要です。こうした細かいチェックが、依頼後のトラブル防止につながります。

利用料金

作業内容と合わせてしっかり確認しておきたいのが料金です。時間あたりの基本料金はもちろんですが、延長する場合の料金システムやスタッフ交通費、鍵の預かり料、スタッフの指名料、深夜や早朝に依頼する場合の割増料金、作業内容に満足がいかなかった場合の対応など、お金に関わる部分はできるかぎり細かく確認しておくようにしましょう。

支払い方法

家事代行サービス会社によって支払い方法も異なります。カード払いや銀行引き落としは可能なのか、支払いや引き落としのタイミングはいつなのか、など詳しく確認しておきましょう。また、スポット利用の場合は現金支払いのみといった規定がある会社もありますので、注意しましょう。

不在時の依頼ができるか

家事代行サービスの利用を検討している方の中には、不在時に作業を依頼しようと考えている方も多いのではないかと思います。会社やプランによっては不在時の作業は不可だったり、作業開始時と終了時だけは現場にいる必要があったりするケースがありますので、不在時の依頼可否についてはしっかりと確認しておきましょう。

鍵の管理体制

不在時の依頼が可能な場合には、スタッフに自宅に入ってもらうために合鍵を渡す必要がありますが、自宅の合鍵を他人に渡す以上、防犯上のリスクは大きく高まることを理解しておく必要があります。家事代行サービス会社が、顧客から預かった鍵をどのような形で厳重管理しているのか、しっかりと確認しておきましょう。

清掃用具をどちらが用意するか

家事代行サービスの場合は、ハウスクリーニングとは異なり自宅にある清掃用具を利用して作業をしてもらうのが一般的ですが、会社によっては清掃用具を会社側が全て用意するというところもあります。また、作業内容によってどちらが用具を用意すべきかが変わるケースもありますので、この点も事前に確認しておきましょう。

スタッフの採用・教育体制

家事代行サービスの品質を決めるのは、会社の管理体制以上に、実際に家事を担当するスタッフ一人一人の意識やスキルであると言っても過言ではありません。スタッフの質はサービスの質を大きく左右するポイントですので、依頼する家事代行サービスはスタッフの採用についてどのような基準を設けており、採用後はどのような教育・研修を実施しているのかを確認するようにしましょう。

担当スタッフのシステム・変更可否

担当スタッフは固定制をとっているのか、固定制をとっている場合は、もしそのスタッフと上手くコミュニケーションがとれない場合や作業内容の質に満足できない場合に、スタッフの変更に応じてくれるのか、なども確認しておきましょう。

対応可能な曜日と時間

家事代行サービス会社によって、対応可能な曜日(特に土・日・祝日・年末年始など)や時間帯(早朝・深夜など)は大きく異なりますので、事前にしっかりと確認する必要があります。また、実際の家事代行の現場では、作業の対応可能な日時については会社の規定よりもスタッフ個人の都合によるところが大きく、スタッフによっては柔軟に対応してくれる方もいます。その点も含めて確認するとよいでしょう。

予約締切

家事代行サービスを依頼する際の予約締切についても確認しておきましょう。一般的には作業の2・3日前を締め切りにしているケースが多いものの、中には数時間前まで対応可能な会社や、電話連絡により急な対応でも受け付けてくれる会社もあります。

キャンセルポリシー

予約締切とは逆に、キャンセル規定がどうなっているかも重要な確認事項です。キャンセル締め切りも会社によって大きく異なり、一般的には2日前から前日の夕方頃までとなっているケースが多くなっています。

損害賠償保険の有無

家事代行スタッフが万が一作業中に室内の家具や物品を破損してしまった場合に備えて、家事代行サービス会社が損害賠償保険に加入しているかどうかも重要なポイントです。大手の場合は基本的にどの会社も加入していますので安心です。

解約の規定

最後のポイントは解約についてです。サービス内容への不満や引っ越しなどを理由にサービス解約したい場合、いつまでに解約したい旨を伝える必要があるのか、契約前にしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?家事代行サービスを依頼する際は、ぜひ上記のチェックポイントを活用して事前に不明点をなくし、サービス開始後のトラブルを未然に防ぐよう心がけましょう。

「家事代行サービス利用の手引き」のその他のページを見る

おすすめ家事代行サービスPICK UP!

CaSy

カジー当日の3時間前まで予約が可能な家事代行サービス「CaSy」

Swipp

スウィップ業界トップクラスの低価格を実現した家事代行サービス「Swipp」

ベアーズ

ベアーズ150万件以上の実績。家事代行業界の最大手「ベアーズ」

家事代行サービスを探す