献立にもう迷わない!効率よくメニューを決める3つのルール

毎日の献立決めは、本当に悩みますよね。しかし、仕事や育児で忙しい日々の中で、献立について長々と悩んでいるのはもったいない! 献立をサッと決められると、考える時間や労力、悩むストレス、食材のロスもなくすことができます。ここでは、効率よく悩まずに献立を考える方法についてご紹介します。

効率よく献立を決めるには?

献立決めを効率化するためには、自分なりのルールを作ることがおすすめです。いきあたりばったりよりも、ある程度ルールがある方が、効率よく献立を決めることができます。それでは、具体的なルールの決め方をご説明しましょう。

  1. 献立をルーティン化する
  2. 副菜の献立はまとめて考える
  3. メニューリストを作る

1.献立をルーティン化する

毎日献立を考えるよりも、献立のパターンを大まかに考えてメニューをルーティン化すると悩む時間を大幅に減らすことができます。例えば、月曜日は肉、火曜日は魚、水曜日は豆腐や卵、水曜日は肉、木曜日は麺類、金曜日は丼物、土日は鍋やホットプレートを使った料理、といった具合です。それぞれのライフスタイルに合わせて、大まかなパターンを決めておけば、献立も決めやすくなります。

2.副菜の献立はまとめて考える

副菜の献立は、2〜3日分を一緒にしてしまうことをおすすめします。同じ副菜が連続して出ても、家族は意外と気づきにくいものです。また、例えばきんぴらごぼうなら、卵でとじたり、ごはんに混ぜたりリメイクして出すのもよいでしょう。

常備菜は面倒、と感じる方も、副菜を多めに作るだけならあまり難しくありませんよね。多めに作った副菜は、季節にもよりますが、保存容器に入れ2〜3日程度で食べきるようにしましょう。

3.メニューリストを作る

献立決めの効率化には、メニューリストの作成もおすすめです。自分が作りやすいメニューを、メモなどにリスト化します。作ったメニューを手帳やカレンダーに記入しておくのもよいですね。

もう一度作りたいと思った料理も、忙しい毎日の中では忘れてしまいがちです。自分の記憶力を過信せず、リストに残しておけば献立に悩む時間も減らせるでしょう。

効率化はルール作りから

献立決めの効率化は、ルール作りから始まります。自分の性格やライフスタイルなどに合わせて、ルールを決めていきましょう。難しいと感じることは無理に取りいれず、できそうなことから始めてみませんか?

The following two tabs change content below.
カジフル 編集部

カジフル 編集部

カジフルは、家事代行サービスに関する情報ポータルサイトです。家事代行サービスの利用を検討されている方向けに、利用の手引きからおすすめの家事代行サービス会社の検索・比較サービス、気になる家事代行サービスの口コミや評判、最新のキャンペーン・ニュース情報などを提供しています。

家事代行サービスを探す