おすすめ!家事代行とハウスクリーニングの掛け算利用

いよいよ今年の残すところわずかとなり、年末の大掃除の時期が近づいてきました。年末の大掃除では日頃手入れをしない場所がメインになるので、かなりヘビーな汚れになっていることも多く、おそるおそる覗いてみると予想通りの汚れに遭遇、ということもよくありますよね。

また、換気扇内の油汚れ、エアコン内部、浴槽側面内、トイレの尿石、ガスレンジなどには落としたくても落とせなくなっている手遅れの汚れも多々あります。そんな方におすすめなのが、ずばり家事代行とハウスクリーニングとの掛け合わせです。

ハウスクリーニングとの掛け合わせがおすすめ

まず、一年に一度ハウスクリーニングのプロに一掃してもらうのがおすすめです。そうすることで、素材の見た目の経年劣化も防げます。ハウスクリーニングは、ネジで外れる場所、取り外しができる場所の汚れを細部にわたり徹底的に除去する作業となります。プロ仕様の洗剤、進化した道具には、主婦レベルの掃除では到底勝てません。

ハウスクリーニングではこんなこともしてくれる!

臭いやカビが気になり、スタッフの方が浴曹のエプロンと呼ばれる側面カバーを外してみると、黒カビの温床となっているのには驚きます。高圧洗浄機で臭いやカビの元となる奥の汚れまで根こそぎ落とすことや、鏡のウロコ落としは、傷もつきやすい場所だけに力任せには掃除ができない場所ですが、最近では研磨機で傷がつかないように微妙な力加減であっという間に元通りにしてくれます。

一番厄介な換気扇内部の油汚れは、部品を一つ一つ外し分解し、プロ仕様の洗剤とお湯で油を緩めながら、ブラシの入りにくい細部まで擦らずに落としてくれます。これを素人がやると、部品に傷がついて錆がつきやすくなってしまいますが、プロは部品を傷つけずに作業してくれるのでおすすめです。

私は、一年に一度ハウスクリーニングのプロが来る日は、楽しみです。進化した道具や洗剤、汚れがつかない予防法などを押してもらうことができます。人によって色々なアイデアを持っているのです。

換気扇には、フィルターをおすすめされ、1年後にファンを見たらほとんど汚れはなく、マメにフィルター交換をすることで換気扇清掃代が浮きました。また、ガスレンジまわりは、油玉が壁面に付着すると固まって落としにくくなるので、ここだけは、すぐに拭くと良いですよと教えてもらいました。

だから、掛け合わせはおすすめ

落ちない汚れを作らず、汚れが柔らかいうちに除去すると、固く積もることもなくなり、家事代行サービス時の清掃レベルでも、綺麗な状態が維持できます。ホコリやストレスは溜めてはいけません。貯めていいのはお金だけです。

家事代行やハウスクリーニングは年末にかけこんでも予約で埋まっていることがほとんどです。年内に綺麗にできないのはとても残念ですが、年明けでもやらないよりはやったほうがよいでしょう。また、年明けのほうが比較的予約もとりやすくなってます来年は、計画的に予定を組むことを忘れずにしましょう。

ぜひ迷わずに、上手に家事代行とハウスクリーニングを掛け合わせて、居心地の良い我が家に。
良い出会いが、ありますように。

The following two tabs change content below.
阿久津 さとみ

阿久津 さとみ

マダムアクツメイドサービス代表。東京都生まれ。嫁入り修行として、室町時代から継承されている武家礼法を学び師範を取得。その後、家事代行会社のスタッフ輩出教官を経て、家事代行会社を設立。お家事(うちごと)を通してお掃除・お片づけについてセミナーを主催し「帰りたくなるお家」を提唱。

家事代行サービスを探す